JMSDF 海上自衛隊のむらさめ型護衛艦にはVLSが16

JMSDF 海上自衛隊のむらさめ型護衛艦にはVLSが16。むらさめ型はVLA用の16セルのMK。海上自衛隊のむらさめ型護衛艦にはVLSが16セルありますが、すべてVLA用です 普段は数発しか装填していないでしょうが、有事には16セル全てにVLAを装填するのでしょうか あと、ESSMが最高で16発しか装備できませんが、対空戦闘になった場合、むらさめ型護衛艦ではちょっと数が少なくて不利に思えるのですが大丈夫なんですか

たかなみ型護衛艦以降は普通のVLSなので、ESSMとVLAの装填数を自由に調整できますよね 護衛艦「むらさめ」型。-「むらさめ」主要兵装, 高性能20ミリ機関砲×2。62口径76ミリ
速射砲×1。VLS装置一式。3連装短魚雷発射管×2。SSM装置一式。哨戒
引用?転載される際は「出典。海上自衛隊ホームページ」と明記してください。

海自運用のVLS。たかなみ型ではセル中セルをに。残りセルをシー?スパローにあてて
おり。むらさめ型同様。改装によっての運用能力を付与されるものと思
われます。 むらさめ型隻数。/就役。~ ???セル海上自衛隊。本型は。対空?対潜?対艦の各戦闘に対応出来るよう。あやなみ型とむらさめ型
の兵装を併せ持ち。それらの艦の対潜能力武装に関しては。まず個艦防空
ミサイルの垂直発射機として。セルのが艦の中央部の煙突間に
配置JMSDF。// – [護衛艦 いなづま
]海上自衛隊の「むらさめ型護衛艦」門 ファランクス × 基 式
艦対艦誘導弾-連装発射筒 × 基 セル セルVLSVertical。護衛艦「いなづま」の前部 -セル 海上自衛隊ではこれ
までの-発射機や箱型のアスロック。シースパロー発射機に代わり。
イージス艦「こんごう」型をはじめむらさめ」型は前部甲板にセルの
アスロック専用。後部第煙突直前の上甲板にセルのシー?
スパロー専用

「10月26日の塩分補給①。旧海軍の雷型駆逐艦?雷??吹雪型駆逐艦?雷??海上自衛隊のいかづち型護衛艦?いか
づち?に続き日本の艦艇としては代目。むらさめ型護衛艦の最大の特徴は?汎用
護衛艦として初めて?垂直発射システムを採用した事です?セルを装備し?
主に対潜ロケット?ヘリコプター格納庫へ格納庫は?機の/を格納できる
広さがありますが?移送軌条が一条の為?事実上一機の運用です?

むらさめ型はVLA用の16セルのMK.41と短SAM用の16セルのMK.48で構成されています基本的に戦闘システム上、MK.41はVLA用として設定されているので、VLA以外は対応していないと考えられますまた、VLAは複数発を同時に投射して網のように敵潜を追い詰める、若しくは曳航ソナー曳航式ソナーは目標と正反対の方位を虚探知しやすいで虚探知した目標にも撃つのが基本的な運用となりますので、有事が近づけば陸に保管されているVLAも当然装備するでしょうねESSMの装備数もキャニスターが変わっていないので16発のままですが、元より火器管制レーダーがFCS-2-31なので、中間誘導はともかく、同時に終末誘導できる短SAM数は変わっていませんこれはたかなみ型でも同様ですが、MK.41 VLSはMk25キャニスターを使用していればESSMを1セル辺り4発装備出来ます主任務が対潜作戦でシースパロー/ESSMはあくまでも自衛用ですからアスロックの数はそうそう減らさないんじゃないでしょうか。もともとゆき型やきり型でアスロックの8連装ランチャーとシースパローの8連装ランチャーをそれぞれ1基に予備弾8発ずつを積んでいたのをVLS化したものですから、少なくとも計画時点ではそれで足りると判断していたのでしょう。短距離SAMの有効射程では飛来する対艦ミサイルに対して何度も繰り返し迎撃する余裕が無いので、同時に2発までしか誘導できないむらさめ型のFCSではむやみに弾数を増やしてもそこまで効果は期待できないのかもしれません。