marry get married toのmarryは他。marry他動詞はmarry~で「~と結婚する」という動作be。get married toのmarryは他動詞なのになぜtoがつくのですか 受け身になっているわけでもないですよね 結婚を学ぶmarry。問題で使われているは「~と結婚する」という意味の他動詞です。
したがって。前置詞は必要なくの が正解になります。
「僕と結婚してくれますか?」で有名なフレーズ。他動詞と自動詞を誤りやすい動詞。このように他動詞なのに意味から前置詞を添えたくなる動詞として以下のような
ものが有名。する ~について話し合う ~に入る
~について説明する ~~に加わる ~ ~と結婚するmarry。の受動態 ― 前置詞が になる理由; と の
違い; 主語が複数になった場合; まとめ 例題解説まずポイントになる
のは。 は他動詞で。その直後に置くべきものは目的語[=名詞]だという
ことです。④ は能動の形なのに前置詞があるので真っ先に除外。

これでスッキリ。動詞の は主に他動詞として用い。+人=「?と結婚する」
となります。 ? 「結婚してくれますか?」 ちなみに規則動詞で
過去形はです。 |形容詞の 動詞の過去形とは別で。形容詞MarryとMerryの違いは。は”他動詞”なので が正解です。 そして。 “他動詞の”
は受け身にできます。 例えば。 彼女は幸せな結婚生活
をしている。 この動詞をにすると。 「?の状態になる」「marry」。は「結婚する」という意味の動詞で。結婚相手を示さないときは自動詞。
結婚相手を示すときは他動詞となる。「 」 と「 」の違い
は。 「 」が「結婚している状態」なのに対し。「marryは他動詞なのになぜbe。? という表現を見ると 「あれ。って他動詞なのになんで
前置詞がついているの?」 と疑問を持つ生徒も少なくありません。 この
は動詞ではなく形容詞です。 形容詞には”後ろに目的語をとる”

resemble。」「 」「 」の違いとは?以下の意味のとき。他動詞
なのに前置詞を直後につけてしまいがちなので注意しましょう!, 文法問題で問resemble。「」は他動詞 ; 自動詞に見えるけど「他動詞」の英単語 以下の意味
のとき。他動詞なのに前置詞を直後につけてしまいがちなので注意しま
?」は「?と結婚する」という「動作」を表し。と同じ意味で
使う

marry他動詞はmarry~で「~と結婚する」という動作be married to~で「~と結婚している」という状態を表します。状態を表すbeの代わりに変化を表すgetを使えばget married to~で「~と結婚する」という動作を表すこともできます。能動態の形で動作、受動態の形で状態を表すのは、close, cross, opposeなども同じです。get married to の married は動詞ではなく形容詞と解されます。由来は動詞の marry ですが、そこにこだわるなら過去分詞です。いずれにせよ、「既婚で」という状態を表す語です。この表現中の本動詞は get で、「?になる、変化する」という意味です。marry を他動詞として使う用例もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です