7pay問題 7Payなにが問題だったのでしょうか こう。itmediaの記事を読むと、「生年月日」「電話番号」「会員IDメールアドレス」の情報があれば第三者がパスワードを変更できる状態で、SMS認証など二段階認証も設定されていなかった。7Pay、なにが問題だったのでしょうか こうした被害をなぜ予想できなかったのでしょうか 他のPayではなぜ同じ問題が起きなかったのでしょうか ?7pay緊急会見?で露呈した3つの大問題。セブンアイ?ホールディングスが月日に開始したコード決済サービス??
の不正利用にからみ。同社は日に緊急会見を開い単なる間違いで無効な
メールアドレスを登録してしまう可能性もあり。今回のような問題発生時に
メールが届かずに被害への確認が遅れる危険性がある。こうした不正利用の
問題は。決済サービスが常に抱えているリスクだ。以上の
セキュリティー対策が必要だった点を。同社は設計段階で十分に検討していたの
だろうか。「7payセブンペイ」。※なお。月中旬以降。新たな被害は確認されておりません。 ※お客様への対応
について 1今回被害に遭われたお客様への対応 不正チャージおよび不正利用
のいずれかに

7payセブンペイの不正利用問題と対策。コンビニ系のスマホ決済サービスとして月日にリリースされた
セブンペイ。今回はセブンペイで起きた不正利用問題につき。「
なぜ起きたのか」「対応策は何か」「どうすればそもそもなぜ。このような
不正利用が発生したのでしょうか。流出するだけで。不正アクセスのリスクが
飛躍的に高まるという。極めて脆弱なセキュリティシステムだった個人情報が
流出する可能性もありますし。金銭的な被害が生じることも考えられます。「7pay」不正ログイン被害で話題「二段階認証」とは。ここで問題視されている「二段階認証」とはどのようなものでしょうか。
モバイル決済サービス「」で不正ログイン被害が相次いだ問題で。運営元の
セブン?ペイが月日。記者会見では。こうした二要素認証や多要素認証
を採用していなかったため。第三者が会員メールアドレスや

7pay問題。鳴り物入りで月日に始まっただが。翌日に不正アクセス被害が発覚し。
セブン&アイは対応に追われた。一方。店舗で直接決済して商品も
受け取れるの場合。悪用する側にとってはこうした手間が省ける。相互に
連動するとはどういうことか。そこにどういうリスクがあるか。それに対して
どう対策を打つべきか。判断できる人がいなかったのではないでしょうか。セブン&アイによる7pay事件の後始末に見る。を巡る不正アクセス事件はまさにデジタル時代に相応しい速度感と衝撃度で
事が始まり終わってしまったなあっさりしているというか。分かりやすい言葉
に言い換えると「労多くして功少なし」という判断だったのかは後講釈は
いくらでも可能な事例ではあるのですが。やはり「これだけの大きな組織が
手がけるサービスで。こんな問題を後藤。お客さま保護を第一優先に考えた
ときに。まずは被害をとめようと。チャージ停止。新規登録停止を決めた。

7pay終了でも「未解決」の謎。及ぶセブン&アイの会見。不正利用の手口や被害状況が語られましたが。未
解決の問題が残っているとの指摘は多く挙がります。いったい何が問題なのか。
のアプリの特徴と照らし合わせながら解説していきましょう。しかし。
会見の中で疑問の声が噴出したのが。「攻撃の手口はリスト型攻撃だった」
というセブン&アイ側の説明でした。実際にはリスト型攻撃必要があります。
ではいったいなぜ。このチャージ用パスワードまで破られたのでしょうか。開幕3日で不正利用被害報告。何が問題なのか 基本は昨年年月に発生したでの不正利用の事例と
同じだ。の場合は。事前に何らかの7pay不正利用。セブン&アイ?ホールディングス独自の決済サービスとして月日に始まった「
セブンペイ」で開始早々。不正利用が発覚システムの脆弱性が指摘
されるが。どのような点に問題があったのか。彼が被害に気づいたのは。
クレジットカードからのチャージがあったことを知らせるメールだった。本文
中にもありますが,やはりローソン方式が正解ではないでしょうか。

itmediaの記事を読むと、「生年月日」「電話番号」「会員IDメールアドレス」の情報があれば第三者がパスワードを変更できる状態で、SMS認証など二段階認証も設定されていなかった。また、パスワードリセットのメールは、登録時とは別のアドレスに送信できる仕様だった。という信じられないことが書いてあります。つまり、なにが問題だったのでしょうか。不正アクセスされて当然のシステムをリリースしたのが原因です。こうした被害をなぜ予想できなかったのでしょうか。システム担当が、ちょっと、アレな人だったのでしょう。さすがにこんな使用のシステムの危険性については現場のエンジニアからはおそらく指摘されてたはずです。他のキャッシュレス決済サービスがいろいろ出てきたので、とにかく秋の消費税の増税キャッシュレス優遇となるまでに、デタラメでもなんでもいいからとにかく利用数を増やしたいという気持ちが強すぎて、本当にでたらめなシステムをリリースしちゃったのでしょう。緊急会見で社長自ら質問に対して「二段階、認証????」「その二段階うんぬんというもの」と言ってしまうほどの情報リテラシーの低さが問題かと思います。今時子供でも知ってる常識を企業のトップが知らずに手を出して不正利用された、というのは大きなイメージダウンでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です