#ずらし旅 撮り鉄の人ってなんで撮影しているの という疑。鉄道写真を撮る直接的な理由なんて一つしかありませんよ。「撮り鉄の人って、なんで撮影しているの 」という疑問に答えるのは、難しい そういう質問をし、回答で気になったのが、
まずひとつは、「趣味は人それぞれだから別に良いだろ 自然の写真と同じだよ 」という傾向の回答
そういう人たちは、自分たちがマイノリティーや理解されづらいものという認識は薄いのでしょうか
自然の写真は、twitterやFacebook、ブログをやっていれば、誰しも、何度も公開したことがあるはずです
しかし、電車の写真は、一般の人はそこまで多くはないはず
好き嫌いは否定しませんが、自分の趣味が一般うけしづらいものであるという自覚は持ったほうがよいと思います
そういう自覚がないから、「風景写真やペットの写真と同じだよ 風景写真やペットの写真を撮る人なら、電車も撮影するだろ 」という、間違った認識になるのかと

また、単純に「私は電車を撮影することに理解できないから、なぜそうするの 」という疑問なのですが、あまり直接的な回答がつかなかったのですが、それは自分でもよくわからないということでしょうか

これ、あまり他人から理解されづらい趣味を持つ人への、共通の質問かもしれませんね
相互理解のために、よろしくお願いします はっきり言って「撮り鉄」がウザい。編集部 交通 公共交通である鉄道を周囲の迷惑も顧みず。わが物顔で
カメラに収める「撮り鉄」のトラブルが後をにもなっているが。きちんと
マナーを守っている大多数の撮り鉄にとっては。鉄道写真の撮影が「趣味」
というだけであまりに大きく。取材の申し込みが殺到しているため。今回はご
遠慮させてください」と回答があり。取材は断られた。撮り鉄ってこんなやつ
らしかみたことない」「即通報でいい」などと厳しい意見が目立った一方。「
鉄道利用者に対し

早朝の駅で撮り鉄「罵声大会」発生。常磐線の勝田駅で。「勝田工臨」という列車に大勢の撮り鉄が集合。撮影者が
大勢いる場合。集合写真のひな壇のようにして。前のほうにいる人も。後ろの
ほうにいる人も。被写体の電車をきれいに撮れるようにするマナー#ずらし旅。ママ鉄タレント&として活動していると。子どもの乗り物愛をかなえて
あげたいと願うお父さんやお母さんからの質問はよくいただきます。その多く
撮り鉄や乗り鉄というように。鉄道の楽しみ方はまさに十人十色。うちの場合は女性に聞きたい。とりわけ列車の撮影を愛する撮り鉄で。小学生の頃から鉄道好きになり。連休
ともなればカメラ片手に普通列車を鉄オタの人って。趣味に関してはもちろん
ですがそれ以外のことでも記憶力がいいし。調べることにも長けているので。
頭脳労働系の仕事は給料も安定しているし。趣味の相手は物体だから。趣味活動
での浮気の心配もほとんどない。それっ女性に鉄道オタクについてどう思う
かと質問したところ「理解できない」という答えが多く集まりました。

撮り鉄とは。言うまでもないが。悪質な撮り鉄の行為は。一般客や鉄道関係者に多大な迷惑を
かける事のみならず。他の鉄道ファン。地下駅?夜間などで「カメラが勝手に
光った」は言い訳にしかなりません。事前に自分が用いる撮影機材の取扱説明書
で勉強をして「発光禁止」などの操作ができるようにしておきましょう。
として構内において一般的な撮影を行って構わないか」という質問に「否」と
答えている内容がいくつか確認できる。「鉄ちゃんたちに100の質問。質 問, 回答 その, お名前ペンネーム可と生年月日を教えて下さい。
新幹線開業より先に生まれました。その, 好きな鉄道モノ?旅行モノの番組
テレビラジオはなんですか?指定席の発売状況を放送 後にレール7という
番組も クイズ列車出発進行その, あなたが今まで撮影した鉄道に関する写真
で気に入っているのはどのようなものですか?その, 初めて乗る路線?車両
以外で。長時間~時間程度以上列車に乗るとき。何をしていることが多い
ですか?

いまさら聞けない。鉄道コムで募集した鉄道撮影の悩みや疑問の数々に。人の人気鉄道写真家が
ガチンコで答えます!海外との大きな違いは。日本はとにかく「鉄っちゃん」
が多いこと。櫻井日本では密集しているだけに手持ちで撮影するテクニックが
必要だと思います。櫻井僕は木村伊兵衛派なんで。なるべく軽い小型のカメラ
を使って手持ちで撮ります。あの車体って青っぽく反射するじゃないですか。

鉄道写真を撮る直接的な理由なんて一つしかありませんよ。好きだからです。ただ「好き」を好きではない人に説明するのは大変なので「好み趣味は人それぞれ」としか言えないのです。なのでマイノリティであることを理解していないわけでは無いと思いますよ。あくまでも、「好みは人それぞれだから鉄道写真を撮るのが好きな人もいるんだよ」それだけかと。それに風景写真と鉄道写真を同列に扱い、鉄道写真を撮ることを「一般常識」のように思っている人なんてほとんどいません。線路脇で大きく高価なカメラを携えている、その自分に酔っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です