釣り人が証言する日本海中部地震 沖波止で釣りしててもし地。ちゃんとライフジャケット羽織って下さい。沖波止で釣りしてて、もし地震による大津波が発生した場合、それはもう人生の最期なのでしょうか 何か生きる確率を上げる方法がありましたら教えてください 気象庁。気象庁は。地震が発生した時には地震の規模や位置をすぐに推定し。これらをも
とに沿岸で予想される津波の高さを求め。 地震が発生してから約3分一部の
地震※については約2分を目標に。大津波警報。津波警報または津波注意報を
。 津波津波注意報, 予想される津波の高さが高いところで0.2m以上。1m
以下の場合であって。津波による災害のおそれがから来る波の方が高くなる
ことがあるため。観測された津波が小さいからといって避難を止めてしまうと
危険です。

第12章。海岸沿いにいるときに地震が発生した場合。最も警戒すべきは津波です。が
引く」という言い伝えもありますが。潮が引くことなく津波が押し寄せる場合も
あるので。津波が来るかどうかを確かめに海へ行くのは絶対に止めてください。
過去の事例や想定津波危険地区を過信して「ここなら安心」と油断せず。より
高い場所に避難することも考えながら移動します。避難所が遠い場合や高齢者
など車による避難に頼らざるを得ない場合を除き。徒歩で避難するようにしま
しょう。津波対策。もしもの時。津波から避難できるようにするためには。津波ハザードマップや
津波情報看板等で。津波による浸水予測や避難場所。避難経路をあらかじめ確認
しておきましょう。また。海岸近くで発生した地震による津波では。数分で
到達するものもあり。津波警報や注意報が間に合わないような場合もあります。
大津波警報。津波警報及び注意報が発表されたときは。すぐに海岸から離れて
。高台や津波避難ビルなどの避難場所に海水浴や磯釣りは。行わないで
ください。

釣り人が証言する日本海中部地震。波が引けた直後。巡回していた地元の警察官から。いま発生した津波について
職務質問をうけた。さらには津波がすぐ目の前から発生??海岸から二?三百
メートルしか離れていない地点??していることである。エンジンは止めて
あるのに。これはおかしいと思い。ふと陸の方に目をやると。十二湖の日本
キャニオンの白い肌が数か所で。白い土煙り八森漁港は津波による被害のため
入港できないため。その晩は全船沖泊り底曳船六隻。小型船八隻をするこのに
なりました。

ちゃんとライフジャケット羽織って下さい。確率は上がります。まず地震で揺れますから津波が到着するのに、10分くらいはあるので全速力で山の手の神社目指して逃げれば助かります。神社までは津波きません。 ???随分と以前の話ですが、スマトラ沖地震の時、津波警報が出てましたよね?あの日、ラジオも持たずに沖磯でキャンプ兼釣りをしていました。その時、渡船が来たので、何事か?って思ったら「津波警報が出てるから船に乗って」って船頭さんから言われて船に乗り沖に行った事を思い出しました。もし、迎えが無い場合はライフジャケット&クーラーボックスでしょうね。地震が発生した時点ですぐに高台へ避難すべきでしょうね。沖波止ってことは渡船でしょうから、ライジャケは当然着用しているわけで、、、それでも、ちゃんと浮上するかはわかりませんし、実際には溺死ではなく多発外傷で亡くなる方も多いと聞きます。磯用のベストなら多少は体を守ってくれると思いますので、頭を守る姿勢で待つくらいしか出来ないでしょうね。勇気のある船長が拾って沖に全力で向かってくれない限り、運を天に任せるしかないでしょう。すぐに来ませんから。もし地震が来たら急いで高所に移動しましょう。強がって、はははーと言ってると巻き込まれます。被災者には悪いけど事実です地震発生直後に津波が来る訳やあらへんのやさかいに、地震が発生したらすぐに海から離れて高台に逃げたらエエんや。生きる確率を上げる方法て。考えてわからん頭なら教えられても無理無理。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です