解答します 小学校でのシャーペン禁止の理由が筆圧の弱さに。信頼性の高い科学的論文を書くには、介入研究をしなけばならない。小学校でのシャーペン禁止の理由が、筆圧の弱さにより字が正しく書けなくなる、というものらしいです これは、科学的根拠に基づくものですか また、筆圧と字の綺麗さに因果関係があるのなら、シャーペンよりもさらに筆圧の弱い万年筆しかなかった時代の人は、総じて字が汚かったのでしょうか 謎理論。シャープペンシルは。低学年では「おもちゃにして遊んでしまい授業に集中
できないから」という理由で禁止でしたというか。単純に小さいうちから
シャーペン使っていると筆圧が強くならないんですよね。シャー芯は折れ小学校あるある。逆に。筆圧が弱すぎる子の場合。お化け文字のように。ひょろひょろと細長く
薄い文字になり。友達が先生が読む際に大変読みにくい文字になってしまいます
。 鉛筆の場合。多少の個人差はありますが。シャーペンほど極端な

小学校でシャーペン禁止の理由って。小学生シャーペン禁止の理由①筆圧弱くなる おそらく一番多くの小学校で言われ
てそうな理由がこちら。 僕の通っていた小学校もこの。筆小学校でのシャーペン禁止は意味ない。理由への疑問や時代遅れという観点だけでなく。学習効率の点から考えることも
重要ではないでしょうか。 目次 そもそも。なぜシャーペンが禁止されている
のか 筆圧が弱くなるため; 鉛筆の持ち方が身に付かないからペンの正しい持ち方と矯正方法。いつまでも楽に字が書けるコツは。ペンを「握る」のではなく「つまむ」よう
にして持つことです。小学校でそれらしい手ほどきを受けてからは。表立って
持ち方を見直されることもなく。自ら進んで持ち方を直そう紙の裏にまで凹凸
が残る強い筆圧は「なんと無駄な力であったことか」と体感できるようになっ
たらゴールは目前です。鉛筆用のグリップですが。細身のノック式ボールペン
やシャープペンにも装着が可能です。といった理由が考えられます。

解答します。まず。硬いお話ですが。小学校学習指導要領には。「姿勢や筆記具の持ち方を
正しくし,文字の形に注意しながら,丁寧に書くこと」が示されています。低
学年の間は。鉛筆でもとか2といった。柔らかくて。弱い筆圧でも濃い文字が
書ける鉛筆を使います。器用な子もいるが。いじって授業にならない。盗みの
対象になる。不平等感など。禁止の理由はほんとたくさんある小学校でのシャーペン禁止の理由が筆圧の弱さにより字が正の画像。なぜ小学校は「シャーペン禁止」なのか。おそらく筆圧に疑問を持つ人は。小学校時代に字を書くのが得意だった人かと思
われます。 そもそも筆圧が強いと良い理由は。 とめ?はね?はらいがはっきり
書ける; 指先の感覚を鍛える

話題小学生シャーペン禁止の謎。多くの方が疑問に思っていて。なかなか答えにたどり着けない「小学生シャープ
ペンシル禁止の謎」。「持ち方が変になるから」「筆圧の調整がうまくいかない
から」など字の書き方への影響を理由とする説が有力なよう

信頼性の高い科学的論文を書くには、介入研究をしなけばならない。観察研究ではバイアスがかかりすぎて信頼していいかどうかが分からない。低学年におけるレベルの高い論文が複数あり、同じ結論に至っているのであれば可能性があるだろう。 厚労省が小学生に対して介入研究をするとは思えない。 多数意見があっても観察によるもの、推論によるものであり、科学的 というものではありえないだろう。可能性があるとも、ないともいえないのでそれを根拠に判断はできないだろう。万年筆は全く別物だと思います。インクと芯では、書く際の手先から伝わる感触も全くちがうし。だから、それはよく分かりません。あと、科学的根拠は示せません。単純に親としての経験としてしか言えませんが。私は、子どもに勉強を教えている際、シャーペンは漢字練習をするには不向きだなと思いました。ヒョロヒョロの薄い字になって、とめやはらいが分かりにくいですし、趣もないし、美しくないと思いました。が、対して、算数の勉強をする際は、シャーペンが適してると思いました。鉛筆は先がすぐ丸くなって、削らないで書くと数字が見にくいです。だから、いちいち削らないといけません。ある程度の大きさがある字を書いたり、丁寧に書く際、あと、デッサンなどの絵を描くにあたっては、強弱のつけやすい鉛筆が適してると思います。細かい字を書いたり、早く書きたい時は、シャーペンが適していると思います。適している場面はそれぞれが持っていると思います。筆圧の弱さにより字が正しく書けなくなる筆圧についてはわかりませんが,細い薄い線で書いたのでは,止め跳ね払いがしっかりと書けないからではないでしょうか。科学的根拠に基づくものですか?そのような研究はないのでは?万年筆しかなかった時代の人は、総じて字が汚かったのでしょうか?万年筆だけで日本語を書いていた人がいたでしょうか?いたとすればかなりの裕福な人でしょうから,それなりの字は書いたと思われます。個人的には,万年筆で字を書いていた人はごくわずかであるため,その人達と今の小学生を比較することは意味がないように思います。>小学校でのシャーペン禁止の理由が、筆圧の弱さにより字が正しく書けなくなる、というものらしいです。地域によりけりですね。私が通っていた小学校は元々はシャーペンはOKでした。ところが頭の中身が空っぽな連中が高価なシャーペンを持ち込んで、それが盗まれた、貸したら壊された、貸したら返ってこない、などのトラブルが多発して全面禁止になりました。そいつらはトラブルと無関係な人から恨みを買いまくりました。>小学校でのシャーペン禁止の理由が、筆圧の弱さにより字が正しく書けなくなる、というものらしいです。>これは、科学的根拠に基づくものですか?単に現場の実情からきているのでしょう。実際にシャーペンだと読めないぐらい薄い字しか書けない子供が増えているようです。>シャーペンよりもさらに筆圧の弱い万年筆しかなかった時代の人は、総じて字が汚かったのでしょうか?よっぽどの金持ちでもなければ、昔の子供は万年筆なんか使えなかったので、万年筆云々は関係ないでしょう。余談ですが、昭和40年代から50年代前半のシャーペンの大多数は、実際に授業で使えるほどの性能は無かったようです。?芯がすぐ折れる?筆記濃度が薄い?ガリガリしていて紙をえぐる?芯がすぐに詰まる?ノックをしても次の芯が出てこない?残芯を引き抜き、口金の先から芯を入れないと使えない?そういう使い方をするから、すぐにシャーペンがダメになる昔の安物シャーペンは口金とパイプが一体型のものが多く、精度も強度も不十分で芯詰まりを起こしてばかりいたそうです。わたしはシャーペン禁止にしたことはありません。学校全体で禁止にしていることはないと思います。そのような学校に勤務したことはありません。担任が勝手に「思い込み」で禁止にしているだけだと思います。禁止にする理由を明確に答えられる教師がどれほどいるのかわかりません。保護者や児童を納得させることができるだけの理由?根拠を説明できるとは思えません。禁止にしている担任がいたら、科学的根拠及びデータを求めてください。おそらく誰もできないと思います。ただの「思い込み」ですから。試験の時に予期せぬトラブルがあった場合はどうしますか?シャーペンの芯が、ペン先から出てこない。シャーペン、鉛筆の貸し借りが出来ない。そういったトラブルがあります。正しくは昨今変化する受験対策によるものだと娘から聴いたことが有りますよ、私の娘からの解答ではマークシート方式の受験対策に柔軟に対応させる目的で最近では教育機関でも鉛筆での教育に力を入れているのではないかと言っていましたのでシャープペンシュルでの教育その物を大半の小学校で警戒しているのだと私も思います。そう言えば私の自宅の近所の小学校でも鉛筆での教育に力を入れ始めており来年の4月からの教育より全クラス鉛筆での教育放心へと指導要項が変わると聴いていますので娘の意見のほうが正しい解答だとさすがの私も考えてしまうほど最近の受験制度も時代の流れと共に変化しているのではないかと考えられます。シャーペンだと、文字を書く際とめはねはらいや強弱が出にくいです。漢字、ひらがな、カタカナを初めて本格的に学習する、文字との出会いの時期ですから、いずれは適当になるにしろ、まずは正しく学ばせたいです。アルファベットオンリーならシャーペンやペンで十分だと思いますが、日本の文字って筆文化から始まってるので、2bくらいの鉛筆くらいの柔らかさがないと正しく書けないんですよね。ぶっちゃけ5、6年生くらいになると、学習で書く量が増えるのでシャーペンのほうが便利な場合もありますが、?年生からはシャーペン解禁、なんてややこしい校則にするくらいなら、小学校は鉛筆で、と決める方が分かりやすいしトラブルも起きにくいです。小学校の間は、とにかく漢字の書き取りは付き物ですし、高学年でもとめはねはらいは大切にしてほしいですから。後は、鉛筆に比べて華美で高価なので、貸し借りに伴うトラブルを防ぐためとか、集中力が弱めの子はカチカチやったりポキポキ折ったり手遊びしますからそれを防ぐためとか、いろんな利点があると思います。シャーペンでも色の濃さや太さは選べるのでその点は問題ないはず。それよりも、先生がこれ書いてください…って時に芯が出ないだの壊れただのとスムーズに進行できないことの方が問題かと。モノによっては高級品や華美なものもあるだろうし。トラブルも増えますよね。鉛筆で問題ないものをあえてシャーペンにする理由も学校としてはないでしょ。とりあえず、今の子は総じて力が無く、字を書くにしても、筆圧が弱く、昔使われていた、H、HB程度では、何を書いているのかわからないのが現状です。科学的根拠でなく、教師の実体験でしょう。今時のシャーペンは、よく出来ていて、1.3ミリとか、小一でも楽々な物があります。0.5ミリでも4B使えば、2?3年もOK。筆圧の心配など不要。塾では、禁止してませんし。単に、万事そうですが、二宮金次郎像はいつの間にかなくなりましたが、公立小学校が旧態依然で、昭和時代から進んでいない部分あります。熱中症予防で、アクエリ持参は良いか?と学校に聞くと、ジュースは禁止と返事あり、アクエリをジュースと捉える所、世の中の常識を知らない点呆れました。そして秋になり、子供の学校でアクエリOKとなり、、ちょっとズレているのが、公立小学校の実態です。私が小学生の頃もシャーペン禁止でしたっ′;ω;`シャーペンはいちいち削ったりしなくても良いですし筆圧が弱い=字が汚いではないのでシャーペンを使っても良いと思います。外国では小学生もシャーペンを使っていますが筆圧も問題ないです。筆圧の問題出なく芯2Bとかとかの問題だと思います。ただシャーペン禁止の理由を強いて言うなら、『盗難が多い』というのがあげられています。1本500円以上の物を持ってきて自慢して盗難,というケースが多々あります。それと鉛筆は『とめ はね はらい』が審査しやすいとのことです☆彡.。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です