肝臓の検査 健康診断の結果肝機能の数字が高くなっていまし。薬害には当たらないと思いますよ。健康診断の結果、肝機能の数字が高くなっていました
ASTが60台、ALTが70台、ガンマGTPが135と高くなっており、要治療となっておりました 1カ月前から風邪をひいていて、処方された薬をずっと飲んでいました
こじらせてしまったので抗生物質を数種類や咳止めの強い薬など、何回か種類を変えてもらって飲み続けていました
健康診断の日は薬を飲まないようしたのですが、数日前まではずっと飲んでいたので、その影響で数値が異常に高くなることはありますでしょうか

お酒は飲まず、若干肥満体型ですが数値では標準の範囲内でした
中性脂肪は昔から標準より低く、コレステロールがちょっと高めですが指摘されるほどではありません
昨年の健康診断ではガンマGTRが52と少し高めで他は20台と標準でした
ガンマGTRのみたまに高くなることがあるようですが、再検査をすると低く戻っていたりと数値にアップダウンがあるようです、以前高くなったときはステロイドの塗り薬をずっとつかっていたりしていましたが、今は使っていません

数カ月前に肝臓の簡易的なCTは撮っておりますが、特に何も指摘されませんでした

やはり薬害の可能性が高いのでしょうか
他にどんな可能性が考えられるのかわかれば教えてください
病院には来週いくつもりです 肝臓の検査。特に。B型とC型ウイルス肝炎が最も多く。その一部は慢性肝炎となり。やがて
肝硬変となって肝がんに進行していきます。高値を示す病気には。肝障害。
心筋梗塞。心筋症。骨格筋および甲状腺機能亢進症があります。GPTは
GOTと同様の酵素ですが。特に肝炎では敏感に値が高くなる傾向があります。
あるは。同じ酵素でもそれぞれ蛋白質の構造が異なるため。健診で値
が高い結果が出た場合は。これを精査することによって。どの組織が悪いのか
判明します。

健康診断で気になる数字。ソニー損保の保険なるほど知恵袋では。健康に関するちょっとしたヒントや身近
な話題を集めました。健康が気になる方健康診断の結果で。お酒をたしなむ方
の注目度ナンバーワンは。肝臓に関する健康度でしょう。肝臓は右上腹部に
肝臓の働きは「生体の化学工場」と呼ばれるほど数多くありますが。次のつは
よく知られています。 . 食べ物から得元に戻ります。健康診断でこの数値が
高くなってきたら。早めに生活習慣の改善に取り掛かってください。肝臓の病気を早期発見「肝機能検査」とは。肝臓の病気は自覚症状が現れにくい 健康診断で受けられる「肝機能検査」 特に「
二次検査」がすすめられる人 肝臓の病気を確定診断大事なのが。肝臓が硬く
なって機能が大きく低下する「肝硬変」や。「肝臓がん」という危険な病気に
なるのを防ぐことです。肝臓の病気により肝臓の細胞が壊れると。これらの
酵素が血液中に流れ出るため。血液検査の数値が高くなります。 検査の結果。
項目でも基準範囲より高い値があると。「肝機能異常」と診断されます。

健診で肝臓の数値に異常が出たら。健診を受けたら肝臓の数値に異常が見られたが。忙しいからまだ精密検査を受け
ていない。けれど気になっている。肝臓はもともと再生能力が高く。手術で
一部分を切除をしても。回復が見込まれる臓器なのだそうだ。健診で肝機能の
数値が悪く。当院を受診される方がほとんどですので。まずは当院でも再び血液
検査を行い。その後はエコーを使った診断や。やなどの型?型肝炎
という。肝臓がんになりやすい病気が今まで注目されていました。肝障害と言われたら。健康診断で肝酵素検査の。。γ‐。等の項目が正常
値をオーバーし「肝障害あり。再検査してください」とですが年。年を
経て肝機能が徐々に悪化し気づいたら肝硬変。 肝臓癌になって病院にやってくる
方を見かけることがあります。食べ過ぎなどで肝臓に中性脂肪が貯まり
フォアグラのようになった 状態です。お問い合わせ初めて健康診断?
人間ドックを受けられる方へ予約から受診までの流れ各種健康診断のご案内
結果報告書の見方

血液検査結果の見方肝臓中心に?健康診断で肝機能障害と判定。そのため。肝硬変まで病気が進行し。さまざまな症状が出始めてからようやく
診断がつきました。健康診断の結果。こういった酵素や色素の値が正常よりも
高かったことを指して肝機能異常と呼びます。ビリルビンの上昇に伴い。
とγ-の値が高くなっていれば。胆汁うっ滞が黄疸の原因であると考えられ。
とγ-の上昇が伴っていなければ。肝機能低下が黄疸の原因で肝臓の“病気のサイン”は健診で読み取れる。人間ドック受診者の結果から。日本では人に人が肝機能検査に何らかの異常が
見られていると言われています。倦怠感や黄疸など何らかの症状が出て病院に
行ったときには。すでに重症化して「肝硬変」や「肝細胞がん」になっている
ことも少なくないのです。値が以上の人は肝がん肝細胞がん発生の危険
性が高く。以下の人と比べると~で倍。以上ではなんと倍にも
危険

薬害には当たらないと思いますよ。内服薬は最終的には肝臓で分解されますから、結果的に肝臓の負担が大きくなります。たくさん飲めば肝機能に影響を及ぼします。再検査結果をみて、判断されたら良いかと思います。一時期的に上昇する場合もございますし薬剤で上昇する場合があります。ので今、通院されている医師に任せてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です