聖書和訳とヘボン ゼパニヤ書1章について 『新世界訳聖書。その様に読めると思います。ゼパニヤ書1章について

『新世界訳聖書』のゼパニヤ書1章7節に、次の

ように書かれています

***

1章7節

主権者である主エホバの前で黙っていよ エホバの日は近いからだ
エホバは犠牲を用意した
招いた人たちを神聖なものにした

***

下から2行目に、「エホバは犠牲を用意した 」と

あります この「エホバは犠牲を用意した 」とい

うのは、「エホバの日」その日のこと、というより

は、「エホバの日に近い日」のことである、と読め

るのですが、このように読んでよい、と思われます

ご意見をお聞かせいただけると、ありがたいです

よろしくお願いいたします ゼパニヤ。ゼパニヤ
, , 章 ゼパニヤ書 概要
戻る 次へ 印刷 シェアする シェアする 聖書の各書 新世界訳聖書

聖書和訳とヘボン。日本における聖書翻訳を考察すると,キリシタン時代はさておき聖 書翻訳は
,カトリックよりプロテスタント教会の方がより積極的であっ た。年に
『救世主耶蘇新遺詔書』が出版された。ヘボンのロンドン版が出版され,この
辞書の良さが世界中に広まった。初版は聖書翻訳についてブラウンがどのよう
に考えていたかが分かる記述があ る。ゼ パ ニ 番雅 ヤ 書』ヘボン訳,
年,,,頁米,北英 『亜 ア モ ス 麼士阿 オ バ デ ア

その様に読めると思います。余談になりますが、新世界訳は「犠牲を用意した」ですが、新改訳は「一頭のほふる獣を供え物」となっています。エホバの日の直前に神が招いた者たちを聖別する目的で獣の犠牲が準備されていると言うことと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です