白鵬?鶴竜 なぜ稀勢の里が連敗することがそこまでニュース。横綱は、優勝するのが当たり前。なぜ稀勢の里が連敗することがそこまでニュースになるんでしょうか 横綱も人だからそりゃ不調とかもあるんじゃないですかね できる限り相撲がわからない人でも分かるように教えて貰えると有難いです 横綱稀勢の里が引退へ。大相撲の東横綱稀勢の里32=本名?萩原寛ゆたか。茨城県出身。田子
ノ浦部屋=が現役引退を決断した。進退をかけた初場所で初日から3連敗し。一
夜明けた16日。師匠の田子ノ浦親方元幕内隆の鶴が明…不成績が続いた
稀勢の里に対しては昨年11月の九州場所後。横綱審議委員会が事実上の最後
通告となる「激励」を決議。進退がかかった今場所。初日から3連敗したことで
。15日制が定着した1949年夏場所以降の横綱として最悪の9

「池坊保子」に関連する情報。テレビ番組で紹介された「池坊保子」に関連する情報の一覧です。稀勢の里の
連敗に相撲協会?芝田山広報部長は「もうダメでしょう」などと辛辣なコメント
。取組後。稀勢の里きのう。稀勢の里の地元ファンは「そろそろ限界と思うが
自分で決めること」「最後まで頑張って欲しい」などと話した。小学校
どうやって強くなるんですか』と…今でも貴公俊と貴源治は京都の後援者の父
と祖父の名前をいただいていた。そこを外したので気になると述べた。位稀勢の里関郷土後援会。これまで約年間にわたり元横綱稀勢の里関現荒磯親方に対する温かいご
声援ならびに当郷土後援会事業へのご支援ご協力は。横綱稀勢の里関の引退に
伴いまして。「激励会?感謝のつどい」と名称を改め。下記の通り開催すること
となりましたので。平成水大相撲月場所日目。回目と
なる稀勢の里関応援ツアーを開催しました。当日は。残念ながら横綱ご本人は
来庁されませんでしたが。横綱稀勢の里関のご両親をはじめ。後援会会長代理
根本牛久

横綱稀勢の里が引退。稀勢の里は2017年初場所で14勝1敗で初優勝し。19年ぶりの日本出身
横綱となったが。その後は1回優勝したのみで。怪我で8場所休場するなど。
横綱としての活躍をほとんど見せることができず土俵を去ることになっ「復活ならず。横綱審議委員会での「激励」の決議を受けて。進退をかけて臨んだこの初場所も
初日から3連敗。いずれも完敗。その流れの中での今回の稀勢の里の引退は。
ファンの思いにギリギリまで答えての引き際だったと思います。次に何故。
復活できなかったのか。それだけにその左が使えなくなり感覚がバラバラに
なった時に。再生が出来ませんでした。今回も稀勢の里のケガの具合を的確に
把握していれば。ケガの翌場所に出場することもなく。リハビリ期間。

けがしても休めぬ。大相撲の横綱稀勢の里が引退を決断した。年月の初場所で悲願の初優勝を
果たして横綱に昇進。翌月の春新時代の扉が開いたかにみえたが。そこから
場所連続休場するなど年間で成績は急降下した。数多くのけがを乗り越えて
歳まで現役を続けた元大関魁皇の浅香山親方は「けがは力士にとって
つきもので。みんなすること。稀勢の里がなぜ。歳で十両に上がって。
その後大関。横綱に上がったかといえば。押しという武器があったから。白鵬?鶴竜。これにより日から両国国技館で初日を迎えた月場所を休場することが決まっ
た。声に“待った”をかけている。年には長期休場や連敗が続き。窮地に
追い込まれていた横綱稀勢の里に「激励」を出した例があった。

日本出身横綱が消滅???稀勢の里が現役引退を表明。年の初場所で初優勝し。年ぶりの日本出身横綱となった稀勢の里が。年
の土俵人生に幕を閉じた。けがに悩まされ進退をかけた初場所では。初日から
連敗していた。これで。唯一の日本出身横綱が消滅することとなった。 左大胸
筋や左上腕稀勢の里の引退後。残る横綱はモンゴル出身の白鵬と鶴竜の人と
なる。解説 ミャンマー国軍のクーデター。なぜ今? これから横綱?稀勢の里はもう引退しなければならないのか。大鵬亡き後も。大抵の人は白鵬や鶴竜。稀勢の里といった今の横綱の名前ぐらい
は知っているし。大相撲中継は変わらず午後の人気番組だ。小結?貴景勝の
優勝で終わった年月の九州場所では。稀勢の里が初日から連敗を喫した
。そういうニュースを横目で見ながら。みなさんが「横綱は負けたら引退」「
横綱には品格が大事」などと横綱われた上覧相撲でも披露され。将軍様の覚え
めでたきことになり。小野川が引退する寛政年まで続く。

横綱は、優勝するのが当たり前。優勝出来なくても、優勝争いに加わらなければ、いけない。稀勢の里も優勝したことはありますがそれ以降、優勝争いから脱落していますよね。今回が初めての休場ではないです。休みがちの横綱なんて横綱ではない!引退もしないのは、見苦しい!と、稀勢の里を批判しているのです。自称国技だからねぇ??????。個人的には、相撲など興味も関心も無い。相撲というのは、プロレスと同じで、単なるエンターテーメント。ショーであるので、勝敗以下の世界。だから八百長は存在しない。マァ、怪我をしないようにと、真剣に取り組んでいるとは思うけど。稀勢の里は、座長横綱であるのに、演技が下手糞だから話題になっているわけ。さて、何故、相撲はエンターテーメントかと言うと、そもそも相撲は、荒ぶれる神々の神前に奉納するために行われた。端的に言えば、荒ぶれる神々に、争い事を見せて、興奮させてどうするの?というコトになる。災厄を招く逆効果。「これは飽くまでも演技でございます。平和な世の中だからこそ、争いがなくなりました。だから我々の争う芸を見て、こころ穏やかにお眠り下さい」てな事です。巡業、興業なんて、如何にも、営業的な言葉が用いられているのはショーである為だと思う。相撲に置いて横綱っていうのはめちゃくちゃ強い絶対的な存在でほぼ負けない格上なんです。それがケガで4連敗とかめちゃくちゃがっかりな事態なんです。三国志で言えば呂布が黄忠とかギエンとかにいいようにボコられてるくらいの衝撃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です