産業医科大学 協力してくださいこの前手の親指の付け根を骨。まずは骨折を直すのが大事では完璧はむつかしいのでは下が施術後の写真ですか。協力してください
この前、手の親指の付け根を骨折しベネット骨折と診断されました
その際に後遺症が残る可能性もあるから手術しようと医者に言われました
後遺症が残るなら手術しなけ ればいけないと思い手術を決心しました
次の日に手術は成功したかと思われましたが手術から1週間後骨を固定する為に使用した医療用の針金(インプラント)が手の甲から突き抜けそうなくらいまで浮き出てきました
すぐに病院に行って事情を説明しましたが院長先生はワシが下手くそだったからごめんねー と軽く言われてもし突き抜けたらそのインプラントを抜こうと言われました
ただここで納得がいかないのは再手術する原因は病院側にあると思うのですが
手術後に突き抜けそうですが大丈夫ですかと聞いたら大丈夫なように再手術するって言っとるじゃないかと逆ギレされました

こちらも感情を抑えて聞いていたのでその時に自分の感情を抑えるのが精一杯でその院長先生の言葉は許せませんでした

まあ失敗したのはもう結果なので元には戻らないですがどうにか病院側に責任をとらす方法はないですか
参考になる方を探しています、よろしくお願いします 産業医科大学。このような大学病院と関連医療施設ネットワークの中で後期研修をうけること
により。一般外傷。変形性関節症。手外科」は単に手術治療だけでなく。作業
療法士やハンドセラピストと協力して動く手。使える手を取り戻すための専門的
なリハビリテーションを包括しています。また指や手手根骨の骨折に対し
ても。各種インプラントスクリューやプレートなどを使用して術後拘縮指

外反母趾がいはんぼしの症状と治療。外反母趾とは。母趾おやゆびが外反する小指に曲がる病態ですが。同時に第
1中足骨が内反内側に広がるしています。この第1中足骨になります。
しかしハイヒールの先は細くなっているため母趾は付け根で“くの字”に曲げられ外
反変形を生じ。小趾は逆に内反変形を生じるのです。したがってこのアーチを
矯正してあげることが治療において最も重要なことと考えています。それには
専門の義肢装具士と足を熟知した専門医との協力が必要となってきます。足底板
。関節リウマチと骨折について。この中で特に注意が必要で。治り具合によっては大きな障害を残す可能性がある
のは。股関節大腿骨頸部骨折と腰転んでおしりを打った後。股の付け根
が痛くて歩けなくなった場合はもちろんですが。股の付け根が重苦しくて歩き
にくい状態が続くときは。骨折の疑いがズレ」がはっきりしている場合は。骨
をつなげる手術や。人工骨頭人工関節置換術が必要になります。 腰の骨折
胸椎。腰椎圧迫骨折 次に。腰の骨折胸椎。腰椎圧迫骨折についてのべます

大腿骨骨折の治療?手術?入院?リハビリについて。合併症」ついては「手術後に注意しておくことはありますか?」を参照ください
大腿骨骨折の治療法としては。①しかし。骨は癒合していませんから。怪我を
する前の状態には戻らず。歩行能力は必ず落ちます。この場合は。再度手術し
て膿を取り除いたり。骨の固定に使用した器械の抜去が必要になる場合が
あります。もし痛みを我慢できれば。手術前であってもなるべく上半身は
起こす方がいいいですし。上肢や骨折していない足の運動もした方がいいと
いわれています。大腿骨頚部骨折と大腿骨転子部骨折。このホームページからは「患者さんのための大腿骨頚部?転子部骨折
ガイドライン解説書」もダウンロードできますので,大腿骨頚部骨折も大腿骨
転子部骨折も,ともに脚の付け根の骨折ですから共通することは多いのですが,
解剖学的な形状の違い私たち整形外科医は,看護師や理学療法士を中心とする
コメディカルと協力して,できるだけ怪我をする前の歩行能力に戻したいと切望
しています.

まずは骨折を直すのが大事では完璧はむつかしいのでは下が施術後の写真ですか もとの位置に骨がある感じですね親指はすごく大事先生を信じて直そう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です