曲線C:y=e^x 曲線C:y=e^x 上の異なる2点A。画像で分かりますか。曲線C:y=e^x 上の異なる2点A(a,e^a)、p(t,e^t) におけるCのそれぞれの法線の交点をQとして、線分AQの長さを La(t) で表す
r(a) を求めよ

という問題で、
y& x27;=e^x
曲線y=e^x 上の 点A、Pにおける法線の方程式はそれぞれ
y e^a = 1/e^a × (x a)
y e^t = 1/e^t × (x t)

yを消去して交点Qのx座標を求めると
x= (ae^t te^a)/(e^t e^a) e^a × e^t

したがって、
La(t) = √(1+( 1/e^a)^2 {(ae^t te^a)/(e^t e^a) a

とあるのですが、La(t)= の中身がどういう意味なのか分かりません

詳しく教えてください よろしくお願いします を。を曲線= =°-…① とおくと, ?ー °*– +&#;-
?+ %=- よって,= 上の点, の次方程式。 とは異なるので
, 。 における接線の方程式は, よって,=とおいて, の次方程式にし。 答

タグ「法線」のついた問題一覧2。曲線=について以下の問いに答えよ. 上の点,における接線?
および法線の方程式を求めよ. >とする.と?放物線=/{}{}上
に点,/{}{},,/{}{}をとる.点における放物線の平面上
の点,,,は互いに異なる点とする.三角形においてベクトル
⊥ベクトルであることを用いて,内積ベクトル?ベクトルを求めよ.
内積曲線C:y=e^x。

画像で分かりますか?mの相当するものが -1/e^aαに相当するものが {ae^t – te^a/e^t – e^a -a m_ _m2点A,Qのx座標の差をΔx、y座標の差をΔy、傾きをmとすれば、Δx:Δy=1:m より、Δx:AQ=1:√1+m^2∴AQ=√1+m^2?Δxとして求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です