新?中間省略登記 新?中間省略登記ってメリットがあるのは。東京の建売業者です。新?中間省略登記って、メリットがあるのは間に入る業者だけなのでは 新?中間省略登記について色々勉強しているのですが、なかなか自分自身で納得できません
長文になりますがお許しください

売主A?不動産業者B?買主Cとあり、Aが2,000万円でBに売り、Bは2,200万円でCに売るという構図でお話しさせていただきます いわゆる転売ですね

新?中間省略登記を使わず、普通の転売としてA→Bの代金2,000万円の売買契約、後日B→Cの代金2,200万円の売買契約で所有権が移動していくことに関しては、なんの異論もありません
Aは最終的にCがこの物件をBから2,200万円で買うことは分からないですし、CもBがAから2,000万円で買ったことは分からないですから
もしくは、Bが仲介業者としてA→Cの売買代金2,200万円で契約を仲介すれば、Aは2,200万円で売れて嬉しいでしょうし、Cからしても納得して2,200万円で買ってるわけですから、これもなんの問題も無いと思います

でもBからしたら仲介手数料より転売益の方が大きいですし、しかも登録免許税も不動産取得税も払わなくていいんですから、新?中間省略登記を使った転売をしたいわけです

ここで問題なのですが、Bが新?中間省略登記を使った契約で売却益200万円を得て、登録免許税も不動産取得税も払わなくていいという、およそ一般的な売買契約ではないということはAもCも最初に分かるんじゃないですか

じゃあAからしたら「本来なら2,000万円より高く売れた可能性があったのに、何か損した気分だなぁ」となるでしょうし、Cからしたら「本来なら2,200万円より安く買えた可能性があったのに、何か損した気分だなぁ」とならないんですか

しかも新?中間省略登記のおかげでメリットがあるのは、唯一Bだけのようにしか思えません
こんな商取引に、なぜAとCが納得するのかが分かりません
こんな商取引が、なぜ実際に行われているのかどうしても理解し難いんです

私はバカですから「新?中間省略登記」の仕組みに関して重大な勘違いをしているのかも知れません そもそも仕組みを理解していないだけかも知れません
こんなバカでド素人の私ですが、なぜこのような商取引が成立しているのか、どうかご教授のほど宜しくお願い申し上げます 不動産売買における中間省略登記のメリット?デメリット。不動産売買において行われる「中間省略登記」は。税金対策になるなどの
メリットがある一方。デメリットも存在します。中間省略登記ってなに?
しかし。平成に。新不動産登記法が施行され。「権利変動の原因を
証する情報登記原因証明このことによりだけにメリットがあるのではなく
。流通コストも抑えることができるため。の買取価格も低下させることが可能
になるのです。弁護団が見た「スルガ銀と不動産業者」不正融資の構図

新?中間省略登記。中間者が宅建業者である場合は瑕疵担保責任が年間以上伸長される ?不動産
業者が当事者間の仲介をするより。リスクをとって自ら中間者となった方が中間
者の利益も増加し。新?中間省略登記って。東京の建売業者です。 中間省略登記をやってます。 通常の売買契約書の条文追加
で『????決済はグループの他会社又は関連会社の場合があります。その際には購入
会社を書面で通知します。?????』と入ってます。 そこで。契約から決済の間に中間省略登記?直接移転登記。新中間省略登記?直接移転登記とは A→B→Cと売買によって所有権が移転する
場合で。Bを不動産業者とします。「中間省略登記って違法って聞いたけど
?中間省略登記?直接移転登記を活用するメリット 登録免許税や不動産取得
税を節約できる; 不動産会社からすると仲介手数料だけだと物件の売買価格の3%
+6万円という上限があるが。自ら不動産を買って転売すれば。利益に上限が
ない

三為さんため契約。としては。転売するために不動産を購入したのに。登録免許税と不動産取得税
だけで万円税金がかかってしまうことになります。そこで考え出されたの
が新中間省略登記。「第三者のためにする契約」を利用した所有権移転登記です
。契約により当事者の一方が第三者に対してある給付をすることを約したとき
は。その第三者は。債務者に対して不動産業者ですから。転売目的でから
購入するのですが。が間に入ることによっては当然直接から購入中間省略登記って認められるの。中間省略登記とは。何回も所有者が変わった不動産の所有権の移転登記を一度
ですませてしまう方法のことです。つまり。固定資産税評価額万円の土地
取引回あたりに。税金だけで万円程度の出費があるのです。中間新?中間
省略登記で適法とされるものは。「第三者のためにする契約直接移転売買方式
」「買主の地位の譲渡契約」です。そのため。売り主。買取業者。買い主
の三者のなかでは。買取業者のメリットが最も大きくなります。

新中間省略登記のメリットについてお教え下さい。これって。得するのはBさんだけじゃないんですか?新中間省略登記の
メリットについてお教え下さい。例えば。Aさんが不動産業者でCが個人なら
瑕疵担保責任追及期間年の設定が必要ですが。Bが不動産業者Bさんが間に
入る理由は転売益を得るためですよね?どのくらいあるのかは正直分かりませ
ん。新?中間省略登記。中間省略登記」と「新?中間省略登記」について。実際の弁護士相談事例及び
裁判所の最新判例等を踏まえ。わかりやすく中間省略登記は。A→B。B→C
との移転登記をすれば。登録免許税が登記2回分必要になるところを。1回で
済ますことができるとのメリットがあります。にする売買契約の手法を用いる
場合には。宅建業者による他人物売買も可能であることが明記されるに至ってい
ます。

東京の建売業者です。中間省略登記をやってます。通常の売買契約書の条文追加で『????決済はグループの他会社又は関連会社の場合があります。その際には購入会社を書面で通知します。?????』と入ってます。そこで、契約から決済の間に弊社事業計画購入金額より高く押し付ける場合もあり買ってくれる業者がいたら『中間省略登記』にしてしまう場合があります。最初から中間省略の場合もありますが????。そこで、ご指摘のメリットですが、A、Cの二者にとっても共にメリットがあります!Aにとって、Bは早く買ってくれるし、又、Cを探す方法が分かりません。ましてや、探してる暇がないのでBは有り難い存在なんです。別にCがいても構いません!これが現実です。又、中間省略登記ですが意味が分からない場合があります????『決済前に買主を書面にて通知』ですので。Cも上記と同じです。Bは日頃のお付き合いです。一般的に儲かるのは、中間省略登記より買う事です!!実際には買う方がメインで中間省略は殆どありません。まず安く買うには、他社がやらないような高低差のある山とか、抵当権で真っ黒な差押え競売の取り下げ整理して仕上げた物件等は購入価格を安く出来ますから?????頑張ってます。前者は買って仕上げ、後者は一緒懸命に仕上げて買えます。共に、自ら買わない事には始まりません!これがメインで儲かります。追伸、中間省略の場合、登録免許税は払いませんが申告はしますよ!当社でも中間省略登記は稀に使います。多くは、買取のできない低需要の広大地を分譲するケースですね。Bのメリットは買取リスクを負いません。AのメリットはBを売主とした分譲販売ができます。>しかも新?中間省略登記のおかげでメリットがあるのは、唯一Bだけのようにしか思えません。こんな商取引に、なぜAとCが納得するのかが分かりません。目に見えるメリット、つまり、金銭的なメリットがあるのはおっしゃるようにBだけです。しかし、AとCが極めて忙しい人だったり、不動産取引にそれほど詳しくない人だったとします。タイム?イズ?マネーです。私だったら、面倒なことはその世界で暮らしている人にやらせます。需要と供給が一致している。ただそれだけのことです。君の納得は必要ない。理解する必要のある人間は理解しているから心配は要らない。君は不動産登記とは関係のない道を進めばいいだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です