接地の種別 電気工事の接地工事に関する質問です社内に基板。基本的にコンセントに差すプラグ以降に行う作業は電気工事士の資格は必要の無い軽微な作業になりますから心配ありません。電気工事の接地工事に関する質問です
社内に基板を扱う製造部署が多く、電子部品が付いた完成した
プリント基板は導電箱に入れて棚に置いて保管しています その際、静電気対策で棚の所にアース線を付ける作業
100V用の何も付いていない差し込みプラグにアース線を付けたる作業
1MΩの抵抗器とアース線を繋げる作業が
毎回発生しています
この3つの作業が電気工事士でないとできない作業か
電気工事士でなくてもできる軽微な工事に該当するのか
良く分かりません 教えて下さい

電気工事士でないとできない作業の場合は、電気工事士の資格を
持った人が立ち会ったら、無資格の人でも行えるのでしょうか

1MΩの抵抗器の役目も教えて下さい
静電気の吸収、静電気を徐々に流す為の物でしょうか
無い場合のデメリット等があれば教えて下さい [接地工事編]。接地とは。英語でアースと言い。大地と電気器具や屋内配線を保護する
ための金属管などが電気的に接続された状態のことです。 接地の目的 電気器具
などの金属製外箱を接地する機器接地の目的 人等に対する感電を

電気工事の接地工事に関する質問です社内に基板を扱うの画像。電気工事の接地工事に関する質問です。基本的にコンセントに差すプラグ以降に行う作業は電気工事士の資格は必要の
無い軽微な作業になりますから心配ありません。 尚。電気工事に類する作業の
場合には作業者全員が電気工事士の資格を持っていなければいけませ接地の種別。接地を行う目的はさまざまですが。その目的によって取るべき接地抵抗値が規定
されています。接地にはこちらにも記載した種。以下の低圧電気機械
器具や金属製外箱および金属管などに施す接地工事。 こうした種別によって。
取る電気のDIYをしよう。また。電気工事の資格を持っている方で。コンセントやスイッチの交換方法を
知りたい方はこちらのカテゴリもぜひご覧ください。 資格のことから身近なこと
まで。電気に関する質問を募集していますので。何かありましたら

接地工事の種類。電気工事を行う時の電気設備の接地工事の種。種。種。種についてわかり
やすく説明しています。接地工事とは。電気の配線が安全に使えれるように
地面と接続されたアース棒とアース線の工事のことです。このように。安全に
電気を使う為には接地工事が必要になり。接地工事は高圧を扱うのか低圧を扱う
のかの目的に応じて。種。問題1~4のような。種と種の接地抵抗
に関する問題はよく出題されますので試験までに必ず解けれるようにしておいて
ください。

基本的にコンセントに差すプラグ以降に行う作業は電気工事士の資格は必要の無い軽微な作業になりますから心配ありません。尚、電気工事に類する作業の場合には作業者全員が電気工事士の資格を持っていなければいけません。電気工事士の資格者に無資格者を指導しながら作業をさせると言った権限はありませんので...寧ろ逆に、無資格者に電気工事に類する作業をさせないと言うことを指導、徹底させる義務があります。施工規則にある一般用電気工作物に該当するのは建物自体に直接取り付けられている配線や器具とお考え頂ければ良いかと思います。接地線についても同様で、現在貴方の会社で行っている作業はコンセントに来ている接地極を利用して棚のアースを取っていると言うことでしょうし、棚は電気器具や電気工作物では無いので問題無いでしょう。心配されている電気工事士法施行規則の『接地線を一般用電気工作物に取り付け、接地線相互若しくは接地線と接地極とを接続し、又は接地極を地面に埋設する作業』というのは簡単に言えば、今棚の接地に利用しているコンセントの接地極が実はちゃんと接地されていなかったら何の意味も無いことですよね。ですから工事後は壁や天井などに隠れてしまっていて普通確認は出来ない、またはそもそもちゃんと出来ているものとして使用する人が何の疑いも無く使う様なものは資格を持った電気工事士が責任を持ってきちんと施工しなければいけないと言うことを言っています。抵抗を挿入するのは静電気を放電する際に一気に流さないという事であっています。因みに静電気を吸収すると言うことはありません。抵抗が無いと静電気がたまった状態で触ることでたまった静電気が一気に棚を通じてアースされてしまうのでバチッと火花放電が起こってしまうと思われます。それによって基盤に取り付けられている半導体などが損傷することが起こりえますね。指定の範囲では工事士の資格はいりません。抵抗の役割は書かれているとおり。デメリットは帯電しまくった作業者が棚に触れる時イテッと言う事と、もしかすれば静電気火花によるパターン焼損でしょう。ICなどでは致命的な場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です