指数関数y=a^xの微分公式の4通りの証明 log a 。底の変換公式でlogaX=logX/logaこれで微分するのです。log (a) Xを微分すると 1/(Xloga)になる理由が分かりません
初歩的な質問で申し訳ないのですが、数学が苦手なもので分からないです 一般に
log[a] X
= log[e]x/log[e]a
= 1/log[e]a?log[e]x

よって

(log[a] X)’
= (1/log[e]a?log[e]x)’
1/log[e]aは x に関係の無い定数であるから
= 1/log[e]a?(log[e]x)’ …※
= 1/log[e]a?1/x
= 1/(x?log[e]a)
= 1/(x?log a)

※について、
微分の公式は
a が定数、つまりxを含まない数のとき、
a′=0
だから
x に関係の無い定数、1/log[e]aは0にならないんですか
つまり
= (1/log[e]a?log[e]x)’
= (1/log[e]a)’?(log[e]x)’
=0?1/x
となる気がするのです
ここを教えてください 指数関数y=a^xの微分公式の4通りの証明。証明 の導関数は, →+?=→? ここで,=
に注意両辺の対数を取ると確認できるすると,上式は →?
? となる。さらに,→ のとき → である

対数関数。対数関数 の微分の証明 自然対数 の定義 対数関数 を微分する過程で。
自然対数 の定義が必要であるため。確認しておきましょう。 自然対数 は次の
ように定義されます。 =→+=→∞+ = → +導関数。で微分する。 乗法が加法に変換されて。関数の積?商?累乗の計算がらくに
なる問 ={-/+}/の場合は。既に対数であるから。対数微分
法を使わなくてもよい。両辺をで微分すると &#;/= ∴&#;==//微分。ページを見るにはこのグラフ図を利用してください. 応用分野。 対数の導関数
微分,=? = ? · = = ? ホーム
カテゴリー分類指数/対数基本となる関数の導関数微分 []

log。を微分すると /になる証明 には[] = []/[] = /[
]?[] よって[] &#; = /[]?[]&#; …※ /[]は に関係の無い
定数であるから= /[]?[]&#; = /[]?/ = /?[]1。次の関数を微分せよ = /{/ {+} {/-/^{}}} // =
^{} // 式を分けるを用いるのは大変 両辺の絶対値の対数をとると
。積和, 商差。 乗倍になる =/ {} {}/ +- – –
微分し であるから, 両辺の対数をとると より =^{} で
あるから, 両辺は正で 両辺をで微分すると ある。{} {/+/}$
公式$//&#;=/ {} {}

底の変換公式でlogaX=logX/logaこれで微分するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です