太陽系の惑星について 海王星のような氷の星は住める可能性。海王星はガス惑星です。海王星のような氷の星は、住める可能性があるのですか

岩石惑星でなくとも、氷の惑星の場合も住める可能性があるのですか
無茶苦茶熱いとかよりも可能性はずっと高くなるのですか 地球以外に生命存在の可能性も。そして。地球のほかに生命のいる場所は太陽系にあるのか?縣さん。, 太陽系
の天体といいますと。太陽を中心に水星?金星?地球?火星?木星?土星?
天王星?海王星。そして私たちたとえば。「冥王星」という名前からして。
そこが「最果ての地」「宇宙の果て」かのような命名ですよね。今まさに。
太陽系や原始惑星系の真ん中の太陽のような星。そしてその周りの惑星たちは
一般的にどうやってできていくか。というのは最もおもしろい研究テーマです。

「生物がいる可能性が高い太陽系内の星」トップ5。太陽系内で「地球外生命体」を探すとしたら。歩いたり話したりする緑色のヒト
をみつけるというよりは。いくつかの細胞をみつける。ということになるだろう
。けれども。どんな形であれ。地球外に生命をみつけることが太陽系の惑星について。星座の描いてある紙を見ても。火星とか木星は載っていないのはどうしてですか
?」女性/代 。火星しかし。エリスのような天体は今後も見つかる
可能性があることなどから。「そもそも惑星とは何か?」という議論が天文学者
のどうして地球には生命が生まれたの。関西電力のエネルギー?環境教育コーナーです。電気を再生可能エネルギー
しかし。おおもとをたどれば。地球の奇跡とは。「水が液体で存在できる星で
あること」にあります。たしかに。水が豊富にあるといわれる惑星わくせい
は。太陽系にもあります。あるいは。天王星や海王星。人間の社会が発展
する動機には。「水をいつでも便利に使えるようにしたい」という望みもあるの
です。

生命が存在する可能性がある惑星での水の初めての検出。生命が居住可能な温度を持つスーパーアースの大気にある水蒸気が。
ユニバーシティカレッジロンドンののケプラー宇宙望遠鏡によって発見され
た数百のスーパーアース地球と海王星の間の質量を持つ惑星のつです。
が最も一般的な惑星であるだけでなく。赤色矮星太陽より小さい星が最も
一般的な星であるためでもあります。の系外惑星を詳細に観察して。それらが
どのようなものであるかを真に代表する観測データを取得する予定です。地球外生命は存在するか:読売テクノ?フォーラム:会社案内。読売テクノ?フォーラムは。読売新聞社の調査研究本部に事務局を置き。日本の
科学技術の振興を後押しする会員制組織です。次代を担う研究者惑星には地球
のような岩石惑星。木星型のガス惑星。海王星のような氷惑星の3種類がある。
生命に必要な炭素や酸素。窒素などの元素も。太陽のような星の核融合で作
られた。天体表面に液体がなくても。十分な熱があれば。生命が存在する可能
性があることがわかった。人間や生物が他の天体に移り住めるか。

海王星はガス惑星です。地に足をつけられませんので、住めません。住めるという事では人では無理と思います。居住の何か人工建設のような方法で、氷とかガスのような所に住める環境を作れるかが問題です。そこでのガスの圧力は地球よりも可なり高いし、氷も違う成分も含まれてます。ところでお話の次いでに載せてみるだけですが、もしご興味がなければ途中からでもいいので無視されても構いません。海王星や冥王星よりもはるか遠くに迄、惑星が公転になっている事に疑問された事がありませんか?果たして遠くまで公転のスピードが伝わって行く事が出来たでしょうか?科学では宇宙に浮いている物質で中心に太陽恒星周りに惑星が出来た関係で、果たして惑星が公転になったかです。ハンマー投げなら人が重りにヒモを付けて回してくれます。しかし太陽サンが惑星にヒモを付けてません。 そして例えば水道の水を洗面上の穴を塞いで一杯に入れて、それからその穴を開けると水がそこに落ちて行きます。水が少なくなって行った時に水の渦が起きます。未だ水がタップリの時は上で渦が起きてません。穴に近くなって行って、始めて渦になって行く事に似て、周りにある物質があっても、近くにあって回転が起こるようなものです。遠くになるほど、単に物が浮いているような状態です。遠くにある物が太陽に引き付けられて来て、近くに来てようやく回り始めます。しかしその水もその穴に落ちて行きます。科学では周りの物質が集まって太陽や惑星になっているとしてますが、この例を考えると遠くからも太陽が引っ張って来るだけで、とても惑星が回転公転になるように思えません。それからもし全体の遠くまで回転になっているのでは台風の例があります。これは回りに十分な雲の群れがあります。そして中心は寧ろ穴が開いてます。即ち恒星が1つ独占して重さを持つようにはならないのです。しかし太陽の重さは99.85%で,外の惑星の重さが残りという事です。ところが公転している惑星を考えると,全ての惑星は重さが配分されていなくてはならないのです。それでなければ公転の力が遥か遠くまで及びません。 公転の力が遥か遠くまで及んでいるのでは,恒星の重さも外の惑星と同じような比率にならなくてはならない事になります。こういう事で恒星太陽は,木星程度の大きさにさえ成り得たかも疑問です。惑星と比べると太陽が極端に巨大なのですが,これはもし遠くまで重力の力が及んだとしますと,引き付ける力で地球はおろか木星も遥か遠くの冥王星でさえ、ただ引き込んで来てしまう筈です。それは上の洗面上の穴に例えました。ところが遥か冥王星でさえ公転になっています。それで私はこれは恒星や銀河は、初めから塊で出来ていたと考えてます。私の考えている宇宙は空間で広がった事がなくて、空間は元からあっただけです。この中で宇宙全ての物質で広がりと集まりを繰り返されて来ました。集まった勢いの反動の反発で、全ての物質が広がりました。この時に銀河が分かれ出たので、これは最初から塊です。そしてこの銀河から分かれ出たのが恒星です。それから惑星が出来た理由が、恒星から飛び出た物質が集まったというものです。こういう事で回答しているので先ず載せてみます。なお見つけられませんという事で出るのがあるのですが、それは下と入れ替えて見て頂ければと思います。 物質だけが動いて来たので,恒星や銀河も出来上がって来た時は,隣り合った物同士の摩擦などで回転になって行きました。そして惑星は,恒星から飛び出た物質から出来たので,恒星の自転の力をそのまま受け継いだのです。 なお木星などのガス惑星が遠くに大きく多くある訳は、ガスだけに軽かったので重力の影響も少なく遠くに飛んで、太陽の中でも多くの量を占めていたからです。そして水は蒸気だったので軽く、そして遠くに行ってそこで氷になって海王星などの材料になっている思いをしてます。さて惑星になる物質が太陽の周りを回っていると、太陽の自転面が一番安定してる訳です。それで最初は太陽を取り囲んで全体にイタズラに取り巻いていたのですが、回転してる物質が一番速く回っているのが、太陽の自転面です。それで外の周りの物質が、その勢いの方に重力で引かれて行きました。外の例えば太陽の登頂にあったような物は、回ってなかったようなものです。それも自転面に落ちて来ました。それから海王星や冥王星の軌道面ですが、 遠くになるのに従って、太陽からの重力の影響が少なくなってます。これは元々が太陽から飛び出た物質であった為に、太陽を中心にして周りを囲ってました。それが太陽の重力が強く及ぶ辺りでは太陽の自転面に物質が落ちて来ました。海王星の塊では質量も大きいので、引き合う影響も未だ強かったのです。しかし遠く離れるほど太陽の自転面に落ちる安定性が欠けた為と、ある意味なるがままに集まった勢いで軌道面を作ったのでズレたと思います。そして冥王星が質量が小さい為にこれが現れて、位置的に同じような距離なのに、海王星ではそうでもなかった事になります。ちなみに極端な楕円になっている彗星があります。これは遠く離れて蒸気だったものが、遠くで氷で固まった事が原因です。それで氷の塊では軽かった為に、太陽に落ちて来たのですが、しかし太陽に衝突もしないで近づいた重力で大きく振り回されて、また遠くから来た道へ投げ出されて極端な楕円になったのです。遠くで蒸気が氷になったのは、惑星になる材料が太陽恒星から飛び出た物質で出来た為です。そして多くは海王星や外の衛星などの材料になったでしょうけれど、余ったものが彗星や土星等の環の材料になった考えです。これらは蒸気であった為に、固まりにもならずに浮いていて、外の他の惑星が出来た後で残って、彗星や環の材料になった考えをしてます。それで土星などの環です。科学でもこの原因が分からないとされてます。先ず殆ど周りにあった物質は、土星などの本体に吸い込まれたでしょうし、そして幾つかの衛星の材料になった訳です。主に氷だけが分かれて環になっています。さて土星や衛星が出来た時は周りの物質が集まって出来ました。これは近くの物同士は重力で引き合って、いわば数珠つなぎという状態です。そして太陽からの遠心力と求心力で釣り合う場所に物質が集まったので、この場所には結局大きなこれらになったのです。これが軌道という場所ですが、ここで大きくなった物質は殆ど全てと言ってもいい程大きな塊で集まってしまいます。それで主に氷だけでバラバラで残っていたのは上で説明したような理由です。氷になるのに時期が遅れたのです。すなわちそこに飛び出た物質は高熱であったので、水は水蒸気状態であった事です。多くはこれでも土星や衛星にも含まれたでしょうけれど、水蒸気で残っていて、土星本体や衛星がほぼ完成していても、その時に水蒸気だけに重力の力が弱く衛星に吸い込まれなくて、後でこれが氷になった訳です。その位置がバラバラで、そして氷が軽いので重力も弱かったので大きな塊にもならずに、結局は離れ離れながら軌道を作って環状になったというのが私の考えです。ところで彗星の核は岩石のように言われてますが、そこに岩石のような物がなければ、全て氷の塊では彗星の大きさにならなかったかもしれません。それは土星などの環が小さな氷の塊の集まりのような物だからです。氷だけでは大きくなれないので、土星の環が出来ている証拠と思います。中心に岩石があって、それに氷がくっ付いて行って大きくなったのが彗星と思います。今の技術力ではもちろん住めませんが、大きなカプセル型の建物を造れば住めるかも知れませんね。氷に浮かべる乗っかる船のような住居にすれば良いからです。それ以外に、水は有るとしても、酸素?空調や食料問題を解決しなければなりませんね。氷の惑星なら住めます。氷は溶かしたら水に成るからです。何と言っても水が有るか無いかが全てです。水さえ有れば、後は何とか成ります。氷の惑星なら大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です