天才?冨樫義博の日常 冨樫先生の?幽遊白書??HUNTE。幽白もドラゴンボールとかもあの当時のアニメって前回のあらすじとかその大会に至った説明を毎回していたイメージです。冨樫先生の?幽遊白書??HUNTER × HUNTER?についてなのですが単行本の巻数とアニメの話数が比例してないように思います 幽遊白書は全19巻112話、HUNTER × HUNTERは全36巻~、148話 私はアニメ勢で少しだけ漫画を読ん だ事があります 私が思うに説明などが複雑だったりで文章が多かったです でもそれだけじゃこんなに漫画とアニメで差がつかないと思います アニオリが含まれていたり、話を伸ばしていたりするのでしょうか 冨樫義博の人気漫画はどっち。週刊少年ジャンプで数々の名作を発表してきた漫画家?冨樫義博先生。冨樫先生
の中でも特に有名なのが「×」と「幽遊白書」の本。「
×天才?冨樫義博の日常。「ハンターハンター」や「レベル」の作者として知られる。漫画家?冨樫義博
さん。元アシスタントの味野くにおさんが。冨樫先生との日常を語るコミック「
先生白書」が発売されました。当時の部屋の様子や。週刊漫画家

冨樫先生の「幽遊白書」「HUNTER。簡単。安心。おトクなフリマサービス冨樫先生の?幽遊白書??HUNTER。『幽遊白書』連載中は1回しか休載していなかった。今。少年ジャンプは『×』ハンターハンター連載中という
貴重な時期。もはや。休載が代名詞となった作者の冨樫義博先生だが。最初の
大ヒット作『幽☆遊☆白書以下。幽遊白書』連載中は。冨樫先生の「幽遊白書」「hunter。「幽遊白書」から進化した「HUNTER×HUNTER」のコマ割と構図。漫画を描き続けていれば。自然と技術が磨かれて画力や絵柄は変わる。それは
コマ割や構図にも当て嵌まる話。冨樫義博先生は「幽遊白書」を描き始めた
時には。基本に忠実なコマ割や構図が目立ちましたが。「ハンター

幽白もドラゴンボールとかもあの当時のアニメって前回のあらすじとかその大会に至った説明を毎回していたイメージです。子供ながらに「もうその説明飽きたわ」って思ってたなーと思いました。アニオリがどうというより、単純にアニメはクールが決まってます。最近なら1クールで12話くらいのアニメが多いのですが、昔だと4クール一年で54話くらい?なので、決まった話をその話数にふりわけるとか、アニメ放送してからも原作が続いていればそのエピソードに添ったりは必要です。シリーズ構成の腕の見せ所かなと思いますが、たとえば漫画の1話をアニメの1話で最初は出来ても、途中から追い付いてしまうとか、バトル漫画なら見開きでイラストのみの場面が多くなってきたら、アニメならこの分なにかしら入れて伸ばす必要がありますよね。そういうので、前回のあらすじとかを伸ばしたり増やしたりしてると全体で見たときに漫画の話数とアニメの話数に大きな差が産まれるのかなと思います。なので、質問の答え的にはどちらもですね。今みたいに1~2クール放送して、2年後に二期やります!みたいな感じではなく一気に全部放送してたから調整するしかなかったんでしょうね連載中なので引き伸ばしは相当あります暗黒武術大会とかはコエンマとジョルジュのコントが毎回の様にありました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です