創価学会の犯罪 創価学会で熱心に活動していてやっぱり間違。私も創価学会脱会者です。創価学会で熱心に活動していて、やっぱり間違っているとか、嫌な思いした、などで脱会した方いらっしゃいますか 「芸能人と宗教」入信すれば仕事は増える。信仰しているだけでコンテストや番組で優遇されるなら。『とろサーモン』は。
とっくに売れていますよ」ブレイク前に担当していたマネージャーが創価大
出身で。入信メリットを聞かされて入ったとか。ただ。ほとんど活動らしい活動
をしていないので。熱心な信者のタレントから『あいつらはビジネス信者。
ある学会員の芸人は「創価学会信者で芸術?芸能活動を行うメンバーで結成され
た『芸術部』に入ることで。メリットが生まれることはある」と断言創価学会の犯罪。創価学会による被害者の会創価学会による反社会的活動や人権侵害行為によって
。 被害を受け!ブログ – 集団ストーカー被害創価学会?公明党から集団
ストーカーされています。犯罪者の小組織どうしがくっついたりして。悪事を
はたらき平気で飯食ってるクズ集団は増長しつづけやがるのさあ。八木容疑者
宅には御本尊がまつられ。武。森田容疑者の親も熱心な学会員で。聖教新聞も
愛読していたという。つまりムとトを間違っておりました。失敬。

誰も書かなかった池田大作?創価学会の真実:。現在熱心な学会員こそ。この本書?戸田城聖全集?地涌からの通信?創価新報を
熟読して反学会の連中に理論で破折できるようにすれに対しての狸祭りとか
組織の軍隊化については書かれて最高幹部にいて。やはり。上から目線で人間
を見ることに慣れてしまい。そのことに本人達が気が付いていないように思う。
しかし。だからといって。著者の書いたことが間違っていると言うわけでは
ない。創価学会はなぜ社会から嫌われるのか。昔の創価学会は。現在とは比べられないほど攻撃的な姿勢を示していた。布教
活動は「折伏しゃくぶく」と呼ばれ。相手を論破して。無理やり信仰を
押し付けるというやり方が取られた。 家に地域の創価学会の会員が幾人

ある創価大学生の日記。折伏とか。入ったつもりも無いのに部員さん周りされちゃってる時に。多いと
思うんですが笑 熱心に活動している人のほとんど僕も。距離を置いたと
いっても創価の人間なので。よほど心の準備をしていない限り。正面切って学会
の悪口を言われるとだからもし。創価のこういうところが間違っているから。
とかこういうところが嫌いだから。やめてくださいと。言わなきゃたぶん。
一緒に信仰しようとか。最後はなると思うんですが。そこまできて。「やっぱり
無理。創価学会が会費無料で活動できるカラクリ。聖教新聞』の購読者を増やすことが組織の拡大に結びつくと考えているため。
創価学会に入会していない人間にもあるいはキリスト教の教会に出かけていき
。そこで説かれる教えは間違っていると折伏をおこなうような会員

確認の際によく指摘される項目。いっそのこと,全員を実名にするか,アルファベットとかに統一してほしかった
です。彼らは。派閥を形成したことが理由となって創価学会本部職員を解雇
され。創価学会を除名されています。反逆者とはこうしてあたかも自分が師匠
のことを一番分かっているということを主張して。自らを正当化し。他の会員を
騙し何が正しくて。何が間違っているのか。足軽会のメンバーが学生部幹部
をしていた当時。何人もの学生部員が。彼らに精神的に追い詰められて。学会
活動に出

私も創価学会脱会者です。やっぱり、間違っているのは創価学会の本尊です。信仰の中枢である本尊が、創価学会の場合、ニセ本尊です。創価学会は平成3年に日蓮正宗から破門され、平成5年に日蓮正宗に無断で日蓮正宗の本尊を複製して販売を開始しました。葬式もニセ本尊拝む、初詣もニセ本尊拝む。そして、宗教的概念からいえばニセ本尊は人を不幸にする毒薬本尊であります。日蓮正宗から破門される前の創価学会の会長である戸田先生がこのような言葉を残してます。「いくら日蓮正宗の御本尊をマネて作ってみたところが、それこそ馬の骨なのであります。否、恐ろしい毒薬の働きをもつのであります 」『大白蓮華』第62号 昭和31年7月号 ニセ本尊を拝んで不幸にならずに済んだ、葬式も創価の毒薬ニセ本尊を拝んで大切な故人を送らずに済んだ、とか、初詣も創価の毒薬ニセ本尊に手を合わせずに済んだとか、色々とホッとしてます。あと、この間、創価学会の幹部が「創価学会は病気が多い。特にうつ病」と言ってました。あなたも学会員ならなんとなく、わかるでしょう。あとは、友人から、片目を失った、一家離散した、パニック症候群になった、ですね。創価学会から良い話は聞かないです。本尊をカラーコピーして複製して販売し、喜んで拝むなんて、罰当たりな事してるから、悪いことがあっても不思議ではないなと思ってます。私も創価学会脱会しました。大石寺絶対、戒壇本尊唯一無二と発会以来言い続けて来たのに、破門され、偽物呼ばわり始めた。最初からインチキだった。紛い物でした。数あわせだっが、勝手に『やる気がある』と思われたヤツなら、ここにいる沢山いらっしゃいます。下記の「対話を求めて」という有名なサイトで、たくさんの学会員、元学会員、外部の人が実体験のコメントを書かれています。たぶん、質問者さんの興味がある話が多いと思います。コメントは、どなたでも、自由に書き込みができます。実際に体験された方々のアドバイスも期待できます。書き込むときは「このブログに初めてコメントされる方は、挨拶と関わった新興宗教との関係を中心にした自己紹介をしてください。」創価学会とは — 対話を求めて — 静かに創価学会を去るために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です