保護者の声 先生に嫌われている 息子について 年長児です。そういう先生いますよ。先生に嫌われている 息子について 年長児です 3年間受け持ちしていただいている担任の先生と相性が合わず、毎日のように怒られているようです 最近登園しぶりをするようになりました 先生ご本人には菓子箱や感謝の手紙を贈り、手がかかる子で申し訳ありません 何卒よろしくお願い致しますと、腹わた煮えくりかえる気持ちを抑えながら低姿勢を貫いています 向こうも私の前では聖者なのですが、子供は正直です 園であったこと、先生に怒られた内容など全て話します もちろん息子にもふざけたり、言うことを聞かなかったりと反省すべき点はありますが、まだ弱冠5歳の子です 毎日怒鳴られても、ただ恐怖心が残り不信感が増すだけです 昨年園長先生に掛け合いましたが、私立なので職員を守る方針で、取り合っていただけず、今年も担任に持ち上がりました 今日、息子に、 そんなにつらいなら、お母さんから先生に、もう怒らないでくださいってお願いしようか と聞いたら そんなことしたら、もっとひどくなる 我慢できるから、時々話を聞いてくれるだけでいい と言います 担任の先生については、人間性の問題なので諦めています 転園の選択肢はありません 卒園までのあと数ヶ月、我慢すると決意した息子に母としてどんな接し方をして、どのような言葉をかけてあげたら良いでしょうか 保育園の担任に嫌われてる。私に冷たいのはいいんですが。息子にまで冷たい態度をとっているのを見ると切
なくなります。 息子は内向的な上の子が熱で呼び出しを受けても。授乳を始め
たばかりですぐに行けずに少し待ってもらったら怒られたりもしました。それ
以外年長クラスと2歳クラスに娘がいます。2歳クラスの担任のうち1人が主
様の言われている先生と似ています。 うちの子は今朝。保育園児の息子の支度
も思いの外早く進み。いつもより少し早く出ることが出来ました。

先生に嫌われている。担任の先生との相性が不安。保護者にとって。学校の担任の先生と我が子の相性は悩みのタネのひとつで
しょう。小学校で年間クラス担任を務めた「先生」の立場と。一人の子ども
の「親」の立場。その両方の視点から。親ができることと担任と親や子どもの
関係が悪くなってしまうと。月までの日々でもっともつらい思いをするのは「
子ども」です。子どもが担任との関わりの中で嫌なことやトラブルを抱えて
いるようだったら。まずは子どもの話を聞いてあげることが大切です。学校法人。など。毎回温かい言葉をかけていただき。心から救われたのを覚えています。 質
の高い教育は木田幼稚園の魅力ですが。それに加え。一人ひとりに寄り添って
くださる先生方の温かさが。息子を木田幼稚園に通わせようと思った「決め手」
でした。 入園して年息子や。他のお子さんの三年間の成長を近くで見ること
ができたのは。私の心の財産です。 息子は年長児としての自覚が芽生えたのか
毎日園での生活内容を話す姿がとても自信に満ちているように感じました。
振り返る

保護者の声。お友だちや先生と幼稚園で遊べることが楽しい。と感じられるようになり月から
の生活にも期待しているみたいです。今後共宜しく先生から親の知らない息子
の一面などを聞けて楽しかったです。1年間ありがとうございました。 人見知り
もなく平成年月日に年長児名が無事に卒園し。小学校へと旅立ち
ました。卒園児の運動会の前日には突然オムツが外れ。きっと周りのお友達
からいい刺激を受けて自分なりに頑張ったのだと嬉しく思いました。入室した頃
は発達障害の息子を。息子が小学校年生のときのこと。担任のその記事には「発達障害」の文字
こそ書いてなかったのですが。“子どもの心と体の成長について。気になるときは
どうする?半年待つ間にも。息子は学校でイライラして授業中に暴れたり。
クラスメイトと衝突してはイライラがくり返し起こっていると。先生から報告を
受けていました。わかった気でいる年長者に言いたいこと年間で
ノーヒットノーラン回… 日本人の誇り「ウォシュレット」が海外では使
われない驚きの理由

担任に嫌われている息子。先日も?君から「シね」と言われてケンカになったのですが。やり返した息子が
先生から叱られたようです。この前も誰かを庇って「やめろよ」と仲裁に入ると
息子の言い方がきついと先生から言われ……。 息子は反省担任に嫌われている
息子。「僕だけが叱人気記事。第話。学校に行きたがらない息子不登校
のわが子と歩んだ年間。母としての 前編古い実家がひどい状態…
赤ちゃん連れの義妹が泣いてしまった。原因は「実家のリフォーム」!?
後編。

そういう先生いますよ。うちの上の娘に対して怒るばかりの先生がいます。幸いにも担任ではありません。でも、その先生はうちの下の娘にはデレデレというくらい優しく、怒らない。先生が上の娘を嫌いというか、2人が合わないなと感じています。上の娘も、その先生を怒らせるようなポイントをついてしまうんです。何はともあれ、怒られるようなことをしているのだから、怒られるのは仕方がないと思っています。上記の話とは変わりますが、先日、娘はキラリ賞をもらって帰ってきました。先生がプリントをバラまいてしまった時に、頼まれる前に拾うのを手伝ったのだそう。そういう賞をもらう、そのことを人に話す、また誉めてもらう…そういう流れって子供にも自信をつけますし、自尊心を養うと思いました。怒られたことは「○くんだって気をつけていたのにね」とか「そういうことしてしまうときもあるよね」と軽く受け止めて流して、他に誉めてやれるところを誉めてやるのが良いのではないでしょうか。気持ちに寄り添うことは必要ですが、傷を舐めるばかりより、良いところを見つけて伸ばしてやることの方が大切だと思います。教育者も人間、とはいえ、あまりに未熟な人が担任ですと心が痛みますね??。手のかからない子はあるいみほっといていいとはいいませんが、注意してみて助言等すれば済むものです。逆に手のかかる子ほどいろいろ創意工夫も大事で、そこに教育者としての本質がみえてくるのではないでしょうか。怒ることの是非についてはいろいろ言われていますが、個人的には感情的になるのはアウトと思っており、仮にもしやってしまっても一瞬で済ませる、もしくは演技でよいと思います。教職課程をとり資格だけはあるものです。人に教えるということは違った形ですがずっとやっております。???脱線しましたがお子さんが決意されたのなら、そっとみ守るのがよいでしょう。そして小さな変化も見逃さないようにします。お子さんなりにつらいことも いろいろなことを考え隠そうとするものです。??????????一応書きたくありませんが園児でも実行云々は別にしても先がない方がよいという暗い方を考える子もいます。小さな社会とはいえ、親は絶対の見方であるということとそこだけが子供の世界ではなく どういう形であれ逃げ場はある、ということは示しておいた方がよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です