令和2年度 平成30年の行政書士試験の問題56の正解は何。正解は1であると思われます。平成30年の行政書士試験の問題56の正解は、何番ですか 没問になるか。特に。平成30年度の行政書士試験は一般知識が鬼という噂が絶えません。
そんな中。私の勝手な憶測でいうのもなんですが。今回は問題56番が割れ問の
ため。没問になる可能性はあるかないかについて。思い切っ資格の大原さんの
解答速報通りに1か4どちらでも正解ですよというパターンです。平成30年度行政書士試験の一般知識?択一式「問題56」。学習の進み具合は。いかがですか?平成30年度行政書士試験の一般知識?択
一式「問題56」について。このため。受験者全員の解答を正解として採点
することといたしました。」 とのことです。 今後は。このような出題ミスは。
ぜひ

<平成30年度>過去問の解説。行政書士通学講座の受講者から「市販の過去問題集の解説でわからないところが
ある」と質問されたことをきっかけに作った。わかりやすさを重視した平成
年度の行政書士試験過去問の解説です。平成30年度行政書士試験。昨日。行政書士試験研究センターより「平成年度の行政書士試験の問は没問
とし。全員を正解とする」という発表がありましたね。記述で点取れていれ
ば合格ですので。多分大丈夫だとは思いますが。没問になったことにより記述の
採点基準が記述式問題のどれか問のキーワードの部分点を点くらい減らす
ような調整が現実的でしょうか。記述 おかしい」 最近は。上記のような検索
ワードでこのサイトにたどり着いた人がいるみたいなんですよね[…]

今年平成30年の行政書士試験問題56と57。ウ?エ エ?オ 注 * 個人情報の保護に関する法律 正解 3 「妥当なもの
」がイとオで。正解が3であることは後に入れる政令。規則から明らかです。 拙
ブログが疑義を提示したいのは。この問題を出題する意味です2018年度平成30年度問題56が没問になりました。年月日。行政書士試験研究センター上に「おしらせ」が掲載され
ました。内容を要約すると。年度平成年度本試験の問題56の選択肢
が適切ではなかったため。全員の解答を正解として採点するとのこと。発表文は
以下の通り。今後はこのような事態が起こらぬよう。事前確認を十分に行なっ
ていただきたいものです。 一方。受験者の側としても。「場合によっては没問が
出る可能性がある」ということを念頭に置いて試験にのぞむ必要が

令和2年度。問題22, 1, 問題52, 3 問題23, 5, 問題53, 4 問題24, 5, 問題54, 3
問題25, 1, 問題55, 3 問題26, 1, 問題56, 2 問題27, 4, 問題57, 5
問題28, 4, 問題58, 4 問題29, 3, 問題59, 2 問題30, 3, 問題60, 1

正解は1であると思われます。「匿名加工情報については、匿名加工情報取扱事業者に関する規定が設けられており、個人情報取扱事業者に関する規定は直接適用されることはない。」個人情報保護法36条では、匿名加工情報について、個人情報取扱事業者に関する規定が設けられています。しかも、個人情報保護法36条は準用規定ではなく、ストレートに匿名加工情報について個人情報取扱事業者の義務を定めています。「準用規定ではない=直接適用の規定である」ということですから、「匿名加工情報については、個人情報取扱事業者に関する規定は直接適用される」と表現できると考えられます。したがって、これが妥当でないので、問56の正解と思われます。個人情報保護法36条1項 『個人情報取扱事業者』は、『匿名加工情報』匿名加工情報データベース等を構成するものに限る。以下同じ。を作成するときは、特定の個人を識別すること及びその作成に用いる個人情報を復元することができないようにするために必要なものとして個人情報保護委員会規則で定める基準に従い、当該個人情報を加工しなければならない。2項以下は省略4を正解とする予備校もあるようですが、4は妥当なので、問56の正解ではないと思われます。「個人情報保護法が適用されるのは、個人情報取扱事業者が取り扱う個人情報データベース等を構成する個人データであり、個人情報データベース等を構成しない散在する個人情報は個人データではない。」4は「個人情報保護法が適用されるのは、個人情報取扱事業者が取り扱う個人情報データベース等を構成する個人データ『のみだけ』であり???」としていれば妥当でないといえます。個人データ以外に個人情報などにも個人情報保護法が適用されるからです。しかし、『のみだけ』としていない以上、個人データに個人情報保護法が適用されること以外の内容を、4の記述から読み取ることはできないと考えられます。したがって、4には間違いの内容を含まないため、妥当でないとすることはできないと思われます。今のとこ1,4,5と分かれてて多数など見ると1と4に分かれる感じですかね4派でも1を明白に正しいとはいえずしかし、しっくり感を見ると4ではないかとしてますし予備校においてもこんだけ対立が見られてるので作ったのは教授「学者」と予備校間の現場に立ってる講師との間にかなり隔離があるのではないかと思います。通常は、最初割れてても1週間かからないで解答は統一されるはずですし過去に割れた状態はあっても異様ですね法令の没の時は予備校は例えば、1と4が割れてても1,4と2つを正解とするような感じで載せるのもありましたが没問として発表されました合格発表まで割れた状態のままというのはかなり異例ではないかと思います試験センターとしては、おそらく割れてるというのは分かってる気もしますが試験センターがどれかに正解をするにしても解説はしてほしいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です