今日は何の日 長嶋監督が1975年に掲げたクリーン?ベー。*クリーンベースボール長嶋の前任監督である川上は「巨人はミスをなるべくしない。長嶋監督が1975年に掲げた「クリーン?ベースボール」と1976年に掲げた「グリーン?ベースボール」の意味を教えてください 「巨人軍重大事件」長嶋茂雄や王貞治も知らない裏真相。巨人軍重大事件」長嶋茂雄や王貞治も知らない裏真相長嶋茂雄。その監督1年
目の1975年シーズンは。惨憺たる結果だった。長嶋さんは前任の川上哲治
監督の管理野球を改め。“クリーンベースボール”を掲げました。長嶋監督が1975年に掲げたクリーン?ベースボールとの画像。巨人初の最下位も「長嶋茂雄監督を救え。今回の大型連敗の記事で何度も出てきたのが。年。長嶋茂雄監督年目の
連敗だ期目。 国民的大スターであり。前年の年。感動の…。ベース
ボール?マガジン社発行「週刊ベースボール」のプロ野球?高校?大学?社会人野球?
ドラフト注目選手の私が狙うのはクリーンベースボールです。

ありがとう八十年73関根潤三。1975年は巨人でヘッドコーチをやりました。ミスター長嶋茂雄氏の監督
就任1年目ね。一緒にプレーしたのは僕が巨人へ移籍した1シーズン65年
だけだったけど。…今日は何の日。長嶋茂雄が掲げたのも「クリーンベースボール」なるスローガンだったが。
それ以来。巨人とロサンゼルス?ドジャースは。友好関係にあったが。この年
年。長嶋巨人は4年振りに。この温暖な「ベロビーチ」で

*クリーンベースボール長嶋の前任監督である川上は「巨人はミスをなるべくしない。そして相手のミスに付け込んで勝つ」という敵失を狙う作戦をとりました。たとえば、フィルダースチョイスは川上野球ではよく見られたものです。また、ランナーがリードで誘う事やその後は少年野球あたりまで流行った「リーリー」リードと言っているというヤジをランナー自らが言ってピッチャーにプレッシャーをかけて牽制球のミスや制球力を乱すような野球も川上野球から日本に広まった。長嶋は、川上とそりがあわなかった。また、川上のような緻密な作戦での野球よりも、「圧倒的な打力と、圧倒的な投手力があれば勝てる」という考え方を基本としていました。おおざっぱともいえます。だから、川上野球を否定する意味でクリーンベースボールを打ち出して「敵失を誘う」という小癪な手をしないでも勝てる体制を選びました。相手のミスを誘う「謀略」をしないということで、「クリーン」です。「正々堂々」という意味合いですね。この長嶋野球は、1990年代の第二次監督時と4番打者ばかり集める大型補強、大型打線と同じ方法です。これは批判も受けましたが、「圧倒的打力で打ちまくれば勝つ」というのが長嶋野球の根幹ですね。*グリーンベースボールクリーンベースボールが上手くいかず、付け焼き刃的な標榜なのがこれです。「勝てるベースボール」らしいですが、そもそもクリーンベースボールも長嶋が思う勝てる体制だったわけでよくわからないものがグリーンです。コーチ陣とうまくいかなくなって自分の思うやり方が人に通らず、長嶋も混乱していたのかもしれません。内容は、コーチ陣の強化をはかったり、大型打力だけではなく、器用な選手安打製造機の張本、中継ぎ得意なピッチャーなどを巨人に引き入れてそれをおこなっていた。で、なんで「グリーン~」というのは当時、交通事故が今の日本よりも多く、安全地帯を作ろうということが流行り、それを「グリーン地帯」と読んだり、環境問題が言われてきた頃であり、大型幹線道の真ん中にある植生がされている場所緩衝地帯を「グリーンベルト」と呼んでいました。また、住宅開発地の山林を残したものもグリーンベルトと呼んでいました。その頃の流行り言葉が「グリーン」で、単純にそれを取り入れたのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です