交響曲全集 バーンスタインのベートーヴェン交響曲全集はご。「マイノリティ」でいる方が良いんじゃないですか。バーンスタインのベートーヴェン交響曲全集はご存知の通りNYP盤とVPO盤があります 一部の曲を除いて全集全体としてはNYP盤のほうがぜい肉が取れた筋肉質でドライブの効いた演奏が多く、世評の高いVPO盤よりも私はNYP盤に指を折るのですが、こういった見方はマイノリティでしょうか おやぢの部屋2。バーンスタインのベートーヴェンをきっちり聴いたのは今回が初めてのことで
した。あくまで私論ですが。バーンスタインはこれほど有名で多くの指揮者が
それぞれの主張を繰り広げているベートーヴェンの交響曲では。あえて際立った
その名前の通り。メンバー表などは付いていないので正確な人数は分かりませ
んが。ここではかなりの少人数の弦楽器で演奏されてご存じのように。
年代の「ブーム」だった「4チャンネル」の音源は最近になって「サラウンド」
という

ベートーヴェン:交響曲第5番第7番。円 ミュージッククラシック現代音楽 ベートーヴェン交響曲第番第番
円 ミュージッククラシック現代音楽レコード?アカデミー賞を受賞
した交響曲全集からの分売。バーンスタインのウィーン?フィルに対する畏敬と
。ベートーヴェンの曲に対する真摯な気持ちが重なった。古典性を重んじた演奏
といえる。/カトー – & シカゴ?バーリントン&
クインシー # 鉄道模型 外国車両 ゲージ乾燥剤と脱酸素剤の違いを
ご存知ですか?バーンスタイン/ウィーンフィルの102番1971年ライヴ。ご存知のとおり。私はバーンスタインのハイドン。特に後年のものはあまり好き
なタイプの演奏ではないバーンスタインというと日本ではウィーンフィルとの
ベートーヴェンの交響曲全集がとりわけ人気が高かった印象が

新品登場。新品登場 クラシック-仕様 交響曲全集。レナード?バーンスタイン指揮&
ウィーン?フィルハーモニー管弦楽団 / ベートーヴェン皆様ご存知の通り。
明日から消費税の税率が8%から10%に変わります。中古 /
バッドキャット フルチューブ コンボアンプ/
御茶ノ水交響曲全集。バーンスタイン&ニューヨーク?フィル
/ベートーヴェン交響曲全集6CD 交響曲は-年ステレオ録音。若き
バーンスタインならではの豪快な演奏です。 曲の交響曲のほか。つの序曲[ベートーヴェン:交響曲全集。評価はどのように計算されますか?ベートーヴェン。ご存知のとおり。ベートーヴェンのただ1つのオペラ 歌劇フィデリオ序曲は。
レオノーレとセットと言っても良いかもバーンスタインさんは。2回。
ベートーヴェンの交響曲 を全集で出しているが。ニューヨーク?フィルとは。1
回目の

「マイノリティ」でいる方が良いんじゃないですか。今は評論家や世論や他人に自分の好みを左右される時代ではありませんので。「マジョリティ」にいる方が安心だという意識は伝統的な日本人の「ムラ」志向以外の何ものでもありませんから。NYP盤は昔友人から「英雄」のLPを借りて以来ずっと聴かなかったんですが、2015年に出たリマスター盤を聴いて音質のすばらしさに驚かされました。このNYPとの全集はバーンスタインが45歳前後でNYPとの黄金時代に入れたものですから、筋肉質で推進力がある彼の全盛期そのものの記録です。全集全部はまだ聴いていませんが、聴いた中で最もすばらしいのは第5番です。リズム感、ドライブ感が抜群でキレが良く、曲の流れを作るのがうまい天才の残した名盤。逆に77年のVPOとのものがフレーズの頭がずれてキレが悪い上、全体的に間延びしてしまりのない演奏になっているので、なおさらNYPが目立ちます。他には2番と3番も良いですね。2番は生き生きとして迫力満点で一瞬最近の録音かと耳を疑うくらいみずみずしい。また3番「英雄」も速めのテンポで緊張度抜群。NYPのザラザラした音質が欠点ですがそれを補って余りある演奏です。一方NYPのもので私が好きでないのは、「筋肉質」がそのまま表れた6番「田園」です。第1楽章が「そんなに力を入れなくても」と思うほど力が入っておりまたせっかちで前のめりなので、のんびりした「田園」というよりも今稲の刈取りで多忙の「田園」に着いたよう。ウィーンの森や小川のある「田園」を想像させるVPOの演奏のほうがずっと良いです。また7番については、なぜかバーンスタインの第1楽章が推進力がなくもったりして重苦しいので、VPO/NYPどちらも好きではありませんが、どちらをとるかと言われればNYPですか。第4楽章ではNYPが先走るところをバーンスタインがうまく手綱を締めています。あと9番「合唱付き」。NYPはやはり迫力があっていいんですが、私は長年VPOのCDを馴染みにしてきましたので個人的にはこっちが好きです。ということで、手兵NYPとのものは、若きバーンスタインがロデオで荒馬を乗りこなしているイメージ。一方のVPOのものは、老年に入りつつあるバーンスタインが名馬と二人三脚で歩を進めているイメージ、と言うことで、「マイナー」でも「メジャー」でも、どちらをとるかは貴方のお好み次第ですね。バーンスタインがニューヨークフィル時代にCBSに録音したベートーヴェン全集は大変出来が良く私も好きです。ウィーンフィルとのは、「巨匠らしくあれ」みたいな指揮ぶりでなんかちぐはぐ感を感じます。バーンスタインの生誕100年記念が発売されていて昔買えなかった楽曲を何枚か買い直してます。ベートーヴェンではないのですが、ショスタコーヴィチの7番「レニングラード」シカゴ交響楽団を指揮した新盤よりこちらのほうが好きです。全然マイノリティではありません、バーンスタインのマーラーでも新盤よりNYP盤の全集のほうに指を折るって意見もしばしば耳にしますNYPとウィーン?フィルの違いは何か。考えてみたことがありますかね。ウィーン?フィルのメンバーは、コンサートはどちらかといううと本業じゃないんですね。ニューヨーク?フィルは、まあ、コンサートが本業でしょう。バーンスタインは、ニューヨーク?フィルの音楽監督的な地位にあったけど、ウィーンフィルでは客演。伝統的な背景もあるので、ニューヨーク?フィルの方がバーンスタインのやりたいことを実現しやすいような気もします。そんなところが、御気に召しているような気がします。どちらが良いか何て、ご自分で判断してください。マーラーについても同様です。旧盤と新盤は、随分違ったものです。旧盤で育った私は、旧盤も素晴らしいと思ってます。えらぶなんてナンセンスですね!世評と芸術的価値は、必ずしも一致しませんから。 例えば、フルトヴェングラーが、史上最高の指揮者という評価を得ていても、芸術的音楽史的観点からすれば、とてもナンセンスな見解なんです。超一流の指揮者であることは認めますけれど。指揮、オーケストラ、録音、すべてに於いて、後者DGのほうが良いに決まってます。というより、私ならオーケストラで選んでしまいます。ベートーヴェンでしたら、ニューヨーク?フィルよりもウィーン?フィルでしょ。SONYのMasterWorksPortraitシリーズで、NYPとの旧ベートーヴェン全集堪能致しました。この当時のレニーならではの、エネルギーと瑞々しい情感に彩られたベートーヴェンと、大変好ましく受けとりました。19世紀生まれの重厚なアプローチをもってした往年の巨匠のスタイルに、幾分距離を置くようになった最近の愚生の好みの為かも、知れませんが、日本国内での初出当時はベートーヴェンはやはりドイツのオーケストラならびに指揮者でないと…と言う考え方が強く、それで損な立場に置かれたかも知れませんね。でも、今はそう言った旧弊にとらわれず、思いっきりレニーのベートーヴェン演奏の良さを、満喫できますね。私もNYP盤の方が好きです。確かにバーンスタインが若い頃なので、ちょっと物足りなさもあるにはあります。でも、ウィーンフィル盤は上手いことは上手いし、いいんだけど、聴き終わると忘れちゃって、どうでもよくなっちゃうというか…なんだかよそいきの音楽ですし。そこへいくと手兵のニューヨーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です