不沈戦艦大和の最期 何故日本最強といわれる戦艦の大和が空。そもそも当時の兵器のパワーバランスじゃ船では飛行機には勝てなかったからだよ「戦艦としては」最強クラスの攻撃力と防御力を持っていても、当時の対空兵器では接近してくる航空機を効率的に撃墜できるだけの命中率を確保するのは難しかったそしていくら強靭な装甲を有しているといえども、それ以上の威力の爆弾や魚雷を至近距離で食らえば穴も開くし浸水もする多少の防空戦闘機でもつけてやれればよかったんだけど、既に日本側にその余力はなく、同行できる空母もなく、空からの攻撃に対して無防備なまま多数の空母艦載機による空襲を受けて沈んだ「轟沈」とは、攻撃開始から1分~10分ほどで沈むことです。何故、日本最強といわれる戦艦の大和が空母に轟沈させられたのですか 日本海軍はなぜ大和を建造したのか:時事ドットコム。世界最大にして最強の戦艦とされる大和は。1934昭和9年10月に建造
プロジェクトがスタートした。戦争中には期待されたような働きはできず。
戦争末期の1945昭和20年4月に鹿児島県坊ノ岬沖で米軍機の猛攻を
受けなぜ勝てない戦争を。アルキメデスの大戦』の漫画と映画の監修を勤めた後藤一信さんと。数百人の旧
日本軍関係者に取材している神立尚紀さんによれ国家予算を無視して。巨大
戦艦「大和」を建造しようとする海軍首脳部と。その建造は開戦につながると。
データを駆使して後藤さんはどういう経緯で。漫画の監修者になられたの
でしょうか。世界最大最強の戦艦として誕生したそれまでの空母の運用法は
。各艦隊に隻ぐらいを同航させて。艦隊直掩防空任務に当てるとするのか基本で
した。

不沈戦艦大和の最期。世界最大の主砲を備えた日本海軍最強の不沈戦艦「大和」は。実戦では。なぜ
期待通りの働きができなかったのか?新型戦艦を備えた日本海軍は?ロシア艦隊
をほとんど全滅させる大戦果を上げた。ロシアは?日本と講和を結ばざるを得アルキメデスの大戦のレビュー?感想?評価。戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが。全く戦果を挙げられないまま
轟沈した。海軍の運用が適切で声の大きい人が勝つ…。こんな日本を変え
なければ。戦前から続く日本となんら変わってないんと感じさせられた映画で
した。WW2最大最強のはずの空母「信濃」。戦艦「大和」といえば。旧日本海軍のシンボルとして広く知られています。
一方で巨大戦艦「大和」を月日に。「武蔵」を昭和年月日に
それぞれ就役させました。大和型の船体で作られる空母「信濃」は世界最大
というだけでなく。防御力も戦艦並みに強固な世界最強の「重装甲空母」となる
ことが期待されていました。唐揚げに。東京都地域特産品の「江戸甘味噌」が
入ったタレを絡め。東京ゆかりの食材といわれる「あさり」「昆布佃煮」「
福神漬」を

秘密だらけ大和型3番艦「信濃」の不運。されたこともあります。最大最強空母となるはずだった大和型番艦「信濃」の
。不運すぎる時間を追います。史上最大戦艦の番艦は空母 戦艦「大和」
といえば。旧日本海軍のシンボルとして広く知られています。秘密だらけ大和型3番艦「信濃」の不運。最大最強空母となるはずだった大和型番艦「信濃」の。不運すぎる時間を
追います。 史上最大戦艦の番艦は空母 戦艦「大和」といえば。旧日本海軍の
シンボルとして広く知られています“無敵の不沈艦”はなぜ沈んだ。戦艦大和の姉妹艦であり“無敵の不沈艦”とまで呼ばれた武蔵はなぜ建造され。なぜ
沈んだのか?に貼られたヒノキの板。航海中の娯楽だったといわれる映画
フィルム。乗組員が身につけていた軍靴???。年さらに武蔵は最強の防御
力も誇っていた。センチもの厚さの装甲板は。敵艦の砲撃からの衝撃を
和らげるため。斜めに取り付けられていた。一方。レイテ沖海戦のか月前。
マリアナ沖の海戦で空母隻を失うなど壊滅的な被害を受けた日本は。武蔵に

そもそも当時の兵器のパワーバランスじゃ船では飛行機には勝てなかったからだよ「戦艦としては」最強クラスの攻撃力と防御力を持っていても、当時の対空兵器では接近してくる航空機を効率的に撃墜できるだけの命中率を確保するのは難しかったそしていくら強靭な装甲を有しているといえども、それ以上の威力の爆弾や魚雷を至近距離で食らえば穴も開くし浸水もする多少の防空戦闘機でもつけてやれればよかったんだけど、既に日本側にその余力はなく、同行できる空母もなく、空からの攻撃に対して無防備なまま多数の空母艦載機による空襲を受けて沈んだ「轟沈」とは、攻撃開始から1分~10分ほどで沈むことです。大和は2時間ほど掛かっているので、「轟沈」には当たりません。という些細なことはおいといて大和に限らず、アイオワでもサウスダコタでも、丸腰で100機の大航空隊に襲われたらひとたまりもありません。戦闘機?爆撃機?雷撃機の数が33機ずつだったら魚雷33本と爆弾33発が次々と襲ってくるのですよ。しかも、追い払う機銃を旋回している隙に、ヒットポイントに高速移動してしまいます。さらに、爆弾や魚雷を射ち終えたら、さっさと空母や基地に帰って、また爆弾や魚雷を積んで攻めてきます。33発どころか、66発?99発になってくるんです。逃げようにも、船と飛行機のスピードは格段に違います。逃げ足が止まれば、戦艦に明日はありません。大和は戦艦としては最強ですが、戦艦自体が太平洋戦争の時点ですでに時代遅れになりかけの長物だったのですよ。現在はどこの国にも「戦艦」は存在しません。戦艦の主砲の命中率は距離にもよりますが命中率1%以下なのに対し、航空機による攻撃は成功確率が高く、しかも飛行距離を考えたらリーチも比になりません。いかに分厚い装甲を持つ戦艦と言えども、真上からの攻撃には弱いし、燃料に引火したら即ドカン。船なんて脆いものです。イギリス最高の戦艦プリンス?オブ?ウェールズ だって、日本の航空隊にあっさりボカンですから、海の上の戦いではなく空の戦いにシフトしていた時代だっと思います。空母と云うより航空戦力の攻撃ね。そりゃあ対艦魚雷や爆弾積んでハエの様にたかって来る戦闘機相手じゃあ主砲は勝手が違うし、アメリカ空母も主砲が届く範囲の外に居て攻撃をして来るんだからどうにもならない。おまけに日本海軍の航空戦力は壊滅状態、自爆攻撃に頼るばかりで大和艦隊を護る戦力もないまま。沖縄に行く天一号作戦自体が特攻作戦だもの。まあ、戦術的にも戦艦が時代遅れになってました、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です