プロが教える年末調整 生命保険料控除について質問です契約。生命保険料控除はその保険料を支払った納税者の控除ですこの「支払った」というのは誰の名前で保険会社に支払っているか、ということですので、ご質問の場合、支払ったのはあなたであり、息子ではありません生命保険料控除云々より、その契約形態は受け取り時の税金を考えるとご損だと思います被保険者が亡くなったとき、被保険者が保険料を支払っていたら相続税の対象で、息子さんに子供がいないなら500万円×法定相続人数の非課税があるのですが、保険料支払者が親ですと、親が受け取る死亡保険金は一時所得としてより大きな税負担がありますそのため、息子さんがあなたにお金を渡すのではなく、契約者と保険料支払者を息子さんに変更するのが良いです。生命保険料控除について質問です
契約者が私で被保険者は息子です

現在、私名義の口座から引き落としされていますが、息子が独立したので手渡しで私に払うという状況になっています 控除証明書は契約者の私の名前ですが、息子が控除を受ける事が出来るでしょうか
会社に提出して大丈夫でしょうか No。生命保険料控除の対象となる生命保険契約等とは。一定の生命保険契約等で。
その保険金等の受取人の全てをその保険料の払込みをする者又はその配偶者
その他の親族とするものをいい。契約者が誰であるかは要件とされていません。FP監修医療費控除と保険料控除とは。生命保険に加入したり。多くの医療費を支払っていたりする人は。「控除」
によって税金の負担を軽くできることをご存知でしたか?控除は「確定申告」
などで自ら申告するものなので。控除のしくみを知らないと税金を余分に納めて
しまうことも…そこで。民間の生命保険に加入し。自分で保険料を支払って
備える必要があるのです。定期。もしくは終身で年金を受けとる; ?「個人
年金保険料税制適格特約」を付加している; ?年金の受取人が被保険者と同一

プロが教える年末調整。給与の支払を受ける人が。本年中に生命保険契約等に基づく保険料や掛け金を
支払った場合には。その支払った一般の生命保険料。人又はその配偶者や
その他の親族個人年金保険料については給与の支払を受ける人又はその配偶者
となっているものです。したがって。質問の生命保険契約が一般の生命保険
契約や介護医療保険契約の場合であれば生命保険料控除の対象となると思われ
ます。Q 保険契約者が妻で。被保険者が私である保険契約があります。被保険者が生命保険料控除を受けることはできますか。スペースで語句を区切ってください。 よくあるご質問 被保険者が生命
保険料控除を受けることはできますか?生命保険料控除を受けられるのはご
契約者さま保険料負担者です。 生命保険料控除生命保険料控除

生命保険料控除証明書について。生命保険料控除証明書についてのご質問にお答えしますご契約者様向けのよく
あるご質問。メットライフ生命公式サイトでは。生命保険。医療保険。ガン
保険や個人年金保険など各種保険商品や企業情報などをご案内します。保険料
の払込方法が一時払の契約ですが。生命保険料控除証明書は送付されますか。
保険料生命保険料控除証明書に関するよくあるご質問。ために。日本生命のお手続きのご案内やご契約者様へのサービスをご案内し
ます。生命保険料控除証明書で。年金保険が「個人年金保険料控除」欄では
なく「一般生命保険料」欄に記載されているのはなぜですか? 生命保険料控除
年払の契約契約月月?月?月ですが。生命保険料控除証明書の送付
時期を早めることは可能ですか? 「生命保険料日本生命保険トップご契約者
様保険をご検討中のお客様法人のお客様知る?楽しむ日本生命について

妻が加入している医療保険の保険料は。生命保険料控除の場合。「誰が加入しているか」よりも「誰が保険料を支払って
いるか」が重要です。一般的に生命保険会社では。「契約者」=「保険料負担
者」が原則になっていますが。生命保険料控除を管轄している国税庁では。「
今回の質問のように。本人以外が加入している契約を申告することを考える前に
。自分が加入している契約の控除枠を帝王切開などについては。医療保険の
女性特定疾病の特約に加入していないと保障されないのでしょうか?

生命保険料控除はその保険料を支払った納税者の控除ですこの「支払った」というのは誰の名前で保険会社に支払っているか、ということですので、ご質問の場合、支払ったのはあなたであり、息子ではありません生命保険料控除云々より、その契約形態は受け取り時の税金を考えるとご損だと思います被保険者が亡くなったとき、被保険者が保険料を支払っていたら相続税の対象で、息子さんに子供がいないなら500万円×法定相続人数の非課税があるのですが、保険料支払者が親ですと、親が受け取る死亡保険金は一時所得としてより大きな税負担がありますそのため、息子さんがあなたにお金を渡すのではなく、契約者と保険料支払者を息子さんに変更するのが良いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です