バルブサージングとは何 バルブのサージングって何ですか 。レブリミット回転数まではメーカーは保証しています。バルブのサージングって何ですか バルブジャンプしてピストンと当たる事でしょうか よろしくお願いいたします 私はEG6シビックB16Aサーキットで8500回していたのですが無限の営業マンが店に 来て私の走行会のビデオを見せると、回してますねぇ~バルブスプリング強化品入れているのですか と言われて、ノーマルだと言うとサージング起こして壊れますよと言われましたが意味が分かりません結果壊れませんでしたがサージングとは何でしょうか よろしくお願いいたします ヒストリーバルブスプリングの挑戦。これを実現するための。非常に重要な部品のひとつが「バルブスプリング」です
。高回転化?高出力化のため。早くから気筒あたり吸排気各2本の「4バルブ
」を採用しており。への挑戦開始からわずかなバルブ機構における
サージングとは。カムによるバルブの開閉動作とスプリングの固有振動数が
重なったとき。異常な振動をここで補足が必要となりますが。実際に開発で
問題になったのはサージングではなく。バルブジャンプカムの山に乗り上げた

バルブサージングとは何。これにより気密が保たれず出力が低下したり。ピストンとバルブが干渉して
エンジンを破損したりすることがある。一般にエンジン回転数の限界は動弁系の
運動特性に大きく影響する。 参照 空気ばね式バルブスプリング。バルブジャンプ高回転対応のバルブスプリング。カムの回転数6500rpmクランク回転数13000rpmでも
サージングしない高回転用バルブそれら含めてサージングの現象と理解して
ました。ジャンプ?バウンスの対策と。サージング対策とでは。 検討項目が別
でしょ?そもそも。エンジンが何で。どういう目的に使うか。 バルブ
スプリングの交換は。何を意図しているか。 その辺をこれは。個体差とかでは
なく。ファンを取り付ける場所によって回転数が決まっているのではないですか

Page。前回に引き続き。エンジンのタペット調整の話です。タペット調整はまず左右
点火何だったのだろうか?……まさか。バルブスプリングと狭くなった
クリアランス。そしてエンジン回転数など条件がシンクロして何らか共振点が
生まれて“バルブサージングバルブジャンプ”みたいな状態になりかけたのだろ
うか?と思って何度も何度も撫でてみるうちに。そのわずかな盛り上がりが
やっぱりボルト孔のトコロだけだと分かってきた。冷えていても盛り上がっバルブのサージングって何ですか。ドゥカティエンジンの代名詞ともなっている「デスモドロミック。ドゥカティエンジンの代名詞ともなっている「デスモドロミック」とは何ですか
?通常のストロークエンジンの場合。吸排気バルブはカムシャフトの山に
押されることで開き。スプリングの反発力によって閉じられます。この。
いわゆる「バルブサージング」を起こす限界回転域を高めるためには。バルブを
閉じるスプリングを強くするという方法が考えられますが。特殊なカム
シャフトとロッカーアームを駆使してバルブを強制開閉する仕組みがわかる。

見えないバルブの見えない配慮。エンジンバルブに施されているメーカーの配慮についての解説ページです
バルブが違う」でも書いたので基本的な事は飛ばしますが。バルブはカムの速度
について行けなくなるとバルブサージングを起こします。一つはバルブ
ジャンプというやつ。これを起こしてバルブが折れてしまうと。破片などが
燃焼室に混入しエンジンが駄目になる。エンジンバルブ これこそがメーカー
が施している配慮。わざとそうしているんです。 ※吸気バルブが小さいバルブ
やバルブや軽い

レブリミット回転数まではメーカーは保証しています。安全率を考慮して10000回転で使用可能なエンジンでも8500回転位をレブリミットとして設定しています。ECUチューンではこの安全率を削り9300回転まで回るように設定変更したりすることでパフォーマンスを上げています。純正バルブスプリングでは10000回転までは追従が可能なスプリングを使用しているエンジンでも走行距離が多くなるとへたりが生じます。こうなると高回転時にバルブが追従できなくなり戻るタイミングに遅れが生じます。この追従性の遅れを防止し的確に追従できるようにするために強化スプリングを組み込む必要があります。追従が出来ずに遅れてしまうとバルブとピストンが接触してエンジンを破損する事になります。このバルブが追従できずにはねて共振する現象を???????と言います。何れにしてもエンジンにはあまり良いとは言えません。できれば強化スプリングを入れて下さい。その方が更に高回転を使用することが出来ます。エンジンの破損を防止する事が出来ます。入れておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です