カント純粋理性批判の解釈 アプリオリカテゴリーを外したカ。「観照」に近いとこと思いますけど、、、「時間と空間の枠のない認識」に当てはまるかどうかは分かりません。アプリオリカテゴリーを外した、カントのいうもの自体の認識はやはり不可能でしょうか つまり時間?空間という枠のない認識
宗教信仰や信条の論述は別として 方法としては瞑想や勤行みたいなことになるでしょうか

https://ja wikipedia org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%AA電マガ47号「ローレンツにおける進化論的認識とカントのア。われわれの認識は。物自体へのア?プリオリな実在的な世界への適応と我々の
経験を通うした実在的な外界との間で持つが与えられるのではなくすでに直観
の対象が成立する時に悟性のカテゴリーが共に。働いていると言うことである。

カント。また。人間の認識原理の探求において。「先験的感性論」は。純粋思惟の
アプリオリな原理を扱う「先験的論理学」と対をなすそれは現実存在なのか。
あるいは単に物と物との関係だろうか。あるいはまたそれは「物自体」☆なのか
。ここでも。時間表象は人間の経験のアプリオリな形式であり。それが個々の
時間表象を可能にしていると言うほかはない。すでにわれわれは「感性」の
本質的な原則について。「先験的感性論」という形で考察したが。「悟性」の
本質の考察カント純粋理性批判の解釈。の超越論的感性論では。空間と時間は。ア?プリオリな感性的直観の形式である
とし。認識 の対象は。一般の対応に関わる」純粋悟性概念を
カテゴリーとし。判断表からカテゴリー表をそもそも人間の理性が。超経験的
な世界をも知ることが出来るとした「形而上学は。かつしかしこの論理に従わ
ず。思弁的理性において。不遜といわれる越権を取り払って。物自体にまた
カントのいう空間と時間は。ニュートン, のいう実体的なもの
としての「絶

アプリオリな綜合判断はいかにして可能か。前者は知識が経験に由来するか否かということにかんするものであり。後者の
二分法は判断が知識を解明するだ けのものか係と八事実の事柄の区別に
もみられ。カントもいうように。さらに遡ればロックによって同様な試みは示唆
さ分析命題がすべてアプリオリであると考えたけれども。アプリオリな命題が
すべて分析命題であるとしたわけではな い。始者フッサールが。カントの
アプリオリな綜合認識を。アプリオリな領域存在論における実質的領域の公理
として解

「観照」に近いとこと思いますけど、、、「時間と空間の枠のない認識」に当てはまるかどうかは分かりません。カント氏の、物自体が何を意図しているのかは判然としませんが、そこらに散らばっているようにある物として単純に考えた場合、物とゆうのは、もともと物としてそれぞれに存在しているのではなくて、人間が空間と物との間として境界を引くことで、物としての位置づけをすることで知覚しているわけです。だから物自体を物そのものとして、つまり「物だけを認識できない」とゆう意味で言ってるなら、当然のことです。物としての空間と、それ以外としての空間が存在しない分離されてないからこそ、対象を認識によって相対化し、物と知覚しているのです。なので、物のみを知覚した時点で、物としてのそのアウトラインが絶対化されるので、物としての位置づけができなくなるわけです。 みかんなら、みかん色一点になり、みかんとしてのアウトラインは消失しています。カント氏は、空間を用いれば物自体を認識できるとは言ってないと思います。 前述したように、物自体と認識は論理矛盾となるような問題だからです。物と、物以外として我々が認識するから、そのアウトラインの内部の領域として、物としての位置づけができるのです。もともと境界線は引かれていないので、物自体なんて言ったら、ひとつに繋がられて存在する宇宙そのものとなります。宇宙そのものは、それ以外が存在しないので、認識によって相対化できる対象は存在しないのです。特定の物とは何ですか? それは我々が特定した物です。瞑想や勤行はカントとはなんのカンケーもない。オカルトと哲学をいっしょにしないよーに?_?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です