よくある質問 住宅の瑕疵担保責任について質問です 家は9。①、住宅瑕疵担保保証法は、H21年10月より施行されて住宅分譲者か住宅請負者は、新築住宅の引き渡しより10年間を住宅の主要構造部や雨漏りの瑕疵補償義務が生じます。住宅の瑕疵担保責任について質問です

家は9年前に買っています 新築です 瑕疵担保保証付きです うちはエコキュートが設置されていますが、

数年前に、エコキュートの設置している基礎が傾いてエコキュート自体も多分、10度くらい傾いています

エコキュートの基礎は住宅の基礎にモルタルでくっついていた状態でしたが、上部は完全に離れて、で、住宅に遠いほうが沈んで傾いている状態です

本来であれば、しっかりと住宅基礎と一緒にコンクリートを一体化させていれば、そういうことはなかったと思いますが、

どうやら後から基礎を打って、住宅の躯体とは縁を切っていたようです

こういう状態ですが、これは住宅瑕疵担保の範囲なのでしょうか

住宅瑕疵担保は住宅の基礎、躯体、外部からの漏水を保証するものだと理解しているのですが、

どうなんでしょうか 10年の瑕疵担保のリミットが来る前に確認しておきたいのですが、どなたかわかる人がいればお教えください 住宅の瑕疵担保責任について質問です。①。住宅瑕疵担保保証法は。年月より施行されて住宅分譲者か住宅請負者
は。新築住宅の引き渡しより年間を住宅の主要構造部や雨漏りの瑕疵補償義務
が生じます。残念だが給湯器の基礎は除外です。 ②。住宅の

よくある質問。住宅瑕疵担保責任保険協会の住まいと消費者をまもる法律「住宅瑕疵担保履行法
」のよくある質問。したがって。資力確保措置の対象となる瑕疵担保責任の
範囲も住宅品質確保法で定められた「年間の瑕疵担保責任」と同じものです。
施行日平成以降に新築住宅を引き渡した事業者は。毎年月日
と月日年回の基準日時点での保険や供託の状況を。それぞれの基準日から住宅瑕疵担保履行法。パナソニックの住まい方情報「すむすむ」が。住宅瑕疵担保履行法についてご
紹介します。以降に引き渡されたすべての新築住宅に適用される「住宅瑕疵
担保履行法特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」です。 住宅
品質確保促進法による瑕疵担保責任年間保証が確実に果たされるように。
施工会社や販売会社に「保険の万が一。会社が倒産した場合に備えて。年回
の基準日月日と月日までに引き渡した新築住宅「保険への加入」の
なされた

よくあるご質問。正式な法律名は「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」といい。
平成に施行された法律です。新築住宅を供給する事業者に資力確保
措置保険への加入または保証金の供託が義務付けられました。物件の欠陥?トラブルの対応について。ただし。不動産売買では。売り主が瑕疵担保責任を負う期間を限定することが
一般的です。瑕疵担保責任については。「-売買契約の基礎知識」を参照
したがって。これらの欠陥については。引き渡しから年間は。物件の修補請求
?損害賠償請求?契約解除契約解除は売買契約でかつ重大な新築住宅※では
。瑕疵担保責任とは別に。売り主が一定の不具合を無償で補修するアフター
サービスを任意で実施している場合があります。不動産業にまつわる質問に
答えています

住宅瑕疵担保履行法および住まいの安心総合支援サイト。届出の際には。平成年月1日より前に引渡した新築住宅についても。
届け出るのですか。について記載する外。基準日前年間に引渡した新築住宅
の戸数とその戸数に応じた供託の状況について記載する必要があります。保険
契約締結証明書」と「住宅建設販売瑕疵担保責任保険契約用明細」は。
保険法人から別々に郵送されるのですか。月1日~9月日の間に新たに新築
住宅を引き渡した実績がなかった場合にも。保険法人から書類が送付されるの
ですか。

①、住宅瑕疵担保保証法は、H21年10月より施行されて住宅分譲者か住宅請負者は、新築住宅の引き渡しより10年間を住宅の主要構造部や雨漏りの瑕疵補償義務が生じます。残念だが給湯器の基礎は除外です。②、住宅の欠陥瑕疵とは、国交省告H12示第1653号により床面の勾配が6/1000以上の勾配であると該当します。エコ給湯機でも何十年もの毎日に使用するものもので、住宅瑕疵保証法に該当しないからと良い訳ないです。故に、その点を強調して改善の要求をする以外は、素人ぎう者に依頼をした訳でもなく、信じて住宅会社へ設計施工で依頼したお客様の期待に応えるべきであると強調をすることです。住宅の瑕疵担保責任は構造体と雨水の浸入を防止する部分です。エコキュートの基礎は住宅設備の工事になりますので、構造体とは別物です。住宅設備の保証が何年であるかを確認して保証を受けられる事になります。しかしエコキュートの直下でも地盤改良工事、沈下を防止する工事をしたににも関わらず、沈下した場合は、地盤保証会社に損害賠償責任を請求することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です