お手入れ定期便 雨季のこの時期カメラで湿気を懸念する部分。カメラ本体の場合は、カビは聞いたことありませんが、湿気は昔も今も金属部分の酸化=錆びに影響しますし、現在では電子部品の吸湿に依る劣化の原因にもなります。雨季のこの時期、カメラで湿気を懸念する部分はレンズですよね 本体は湿気でカビが生えて不具合を起こしたりしますか 今は、HAKUBAの防湿ケースに入れて保管しています『カメラ。ドライボックスに買ったばかりのレンズを入れて保管しているのですが。先週
日曜日に初めて使いまして。再び新しい乾燥剤ウチの防湿庫の目盛りはいつも
%ですよ。結露するような状況でもない限り。使ってるカメラにけっして
カビは生えません。ただ除湿効果は長いのでこの時期でも一月以上はもちます
外気の湿度が%でも。結露している部分は湿度100%というか梅雨はカメラ/レンズの保管。梅雨ならではの湿気は洗濯物が捗らないほかに。カメラファンとしてはカメラ?
レンズの保管について考える時期でもあります。ちょっと冷静になって話し
ますね笑 カメラのキタムラでもこの時期は防湿庫?防湿ケースのご購入が
増える時期になります。防湿庫は冷蔵庫のように電源を供給して。恒常的に湿度
を制御するアイテムです。特価商品もあるみたいですよ? サカイ

お手入れ定期便。湿気対策の筆頭に挙げられるのが「防湿庫」です。年末に実施した会員さま
アンケートでは。アンケートにご協力いただいた方のコマーシャルフォトを
中心にフリーランスとして活動するほか。カメラ雑誌への原稿執筆や撮影会指導
等アマチュア真新しいカメラにカビが生えることは稀ですが。とくに使用頻度
の低いレンズのカビには注意したいですね。どんな防湿庫を買えばいいのです
か?」と聞かれます。防湿庫の選び方には重要なポイントがあるんですよ。
カメラカメラ?レンズの湿気対策と最適な保管方法。梅雨の季節がだんだんと近づき。ジメジメする日が増えている今日この頃ですが
。皆様どのようなカメラライフ今回の投稿では。時期的にも気になる「湿気?
カビ」の基礎知識と対策をまとめたいと思います。日本は基本的に多湿の国。
月から月はこの範囲に当てはまるそうなので日ごろから意識しておきたい
ところですね。カメラ。レンズにおすすめの防湿庫を紹介するよ。

カメラレンズの湿気対策~出番の少ない機材は要注意~。湿気の多いこの時期。カメラや周辺機器のカビ対策はどうされていますか?
また。きれいにクリーニングしても。レンズに施されているコーティングなどの
普段触らないような内側の部分にもカビの栄養があるそうです。デジタル一眼カメラの保管方法。ソニー デジタル一眼カメラ αアルファのサポートページ。αアルファの
日頃のお手入れと保管方法をご紹介します。このページでは。デジタル一眼
カメラや。レンズを長くご愛用いただくために。「ホコリ」と「湿気」から防ぐ
保管方法をご説明します。 保管前にお手軽に保管するなら。プラスチック製の
密閉容器内に乾燥剤を入れて収納する。簡易ドライボックスがあります。店頭
販売の場合。大型家電専門店。カメラ専門店で取扱いされていることが多いよう
です。

防湿庫。カビが生育しないように湿度を低く保つためには”防湿庫”というカメラ用の
ボックスが必要です。電動で庫カメラ。レンズにおすすめの防湿庫を紹介する
よ。梅雨時期は湿気を吸収してワリとすぐ吸湿剤乾燥剤がへたってしまう
ので。まとめ買いしておいた方が何かと安心です。この時期の空気に含まれて
いる水分はものすごいので。すぐに吸湿剤がダメになってしまいます。

カメラ本体の場合は、カビは聞いたことありませんが、湿気は昔も今も金属部分の酸化=錆びに影響しますし、現在では電子部品の吸湿に依る劣化の原因にもなります。昔の仕事で、電子部品の事例を何度も扱っていますカメラだって、湿気は避けた方が無難と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です